2008/8/29

ラリー・カールトン @ブルーノート  音楽

この日はたまたま大人の時間が持てることに…ちょうどベテランのジャズ・ギタリスト、ラリー・カールトンのライブがあるというので、ブルーノートに聴きに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
(お店の前に掲示されていたポスター)

ブルーノートについては、以前にもご紹介したことがありますが、グリニッジビレッジにある名門ジャズクラブ。多くのジャズミュージシャンたちを世に送り出してきましたが、お店は古くて小さくて、気軽にさくっと入れる雰囲気です。

私が学生の頃、ちょうどフュージョン(今のスムーズジャズ)のブームがあって、ラリー・カールトンもその頃活躍していた一人です。最近はあまり聴いていなかったのですが、私にとってはとても懐かしいアーティスト。期待でわくわくしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ライブの前に、ドリンクをオーダーしました。どちらもジャズミュージシャンにちなんだものです。右はマイルス・デイヴィスの名前を冠したMiles Smilesというカクテル。ジンをベースにオレンジジュースなどが入っていて、甘くてさっぱりしていました。左はセロニアス・モンクの名を冠したBrother Theloniusというビールです。店内のインテリアは、お店の名前にちなんで、ブルーのイメージで統一されています。

時間になって、ラリーが階段をとんとんと下りてきました。最初は一人で…アコースティックギターで静かな曲を弾き始めました。そして、2曲目からは、なんとラリーの息子さんがベーシストと参加、2曲ほど演奏した後は、ラリーはギターをエレキに持ち替え、ドラムスも加わって…と少しずつセッションが変化していき、その度に盛り上がっていきました。

私は、途中で2曲だけ入った女性のボーカリストの歌声が気に入りました。歌い上げるのではなく、キッチンで鼻歌でも歌うようにほんわかした雰囲気のボーカルは、とってもキュートでセクシーですてきでした。

ちょうど夏休みとあって、旅行でご家族で聴きにいらしているグループもありました。
ステージと客席の距離が近いので、演奏する側と聴く側がひとつになって…ライブは始終温かい雰囲気に包まれていました。聴いた後は、ほんわかした気分になりました。


おまけです。

クリックすると元のサイズで表示します

今週から、ニューヨークでUSオープンテニスが始まりました。
日本では、錦織選手の活躍が期待されていますね。
郊外とマンハッタンとを結ぶコミューターの駅に、ポスターがたくさん貼ってありました。
地元なので、今頃はきっとすごく盛り上がっているだろうなあと思います。
0



2014/3/3  19:22

投稿者:ヴィトン コピー

いますぐアプリをインストールしてオーディションに応募しましょう!※このアプリは株式会社テアトルアカデミーと有限会社ワンツースタジオの2社が共同開発したオーディション応募用のアプリです経済成長著しく、優れたIT技術者を多く輩出しているインド。 それは、ハードワークと献身の年間を通して、この位置を達成している群衆とルイヴィトンバッグのハンドバッグの間で評判を構築することは容易ではない。

http://www.hotel-melissa.com/contents/dat/mylouisvuitton-bags.html

2013/8/4  10:54

投稿者:ダウンジャケット


2008/8/30  8:48

投稿者:セレンディピティ

☆ イザワさま ☆
日本だとお子さんが中学生くらいになると、あまり家族では出かけないようですね。
でも、イザワさんのところは、ご家族で映画を見に行かれたり
よくお出かけされていて、すてきだなあと思います。
アメリカでは、大学生くらいになっても、よく家族で旅行されているようです。
ライブも、日本では若者の特権?みたいになっていますが
もっと大人や家族で楽しめるようになるといいですね。
ライブ中の録音・録画はNGですが、店内は自由に写真が撮れるようでした。
古いお店ですが、それだけに絵になる場面がたくさんある…と思います。

2008/8/30  8:26

投稿者:セレンディピティ

☆ ゆずさま ☆
ゆずさんは、私よりほんの少しだけお姉さんですが
若い頃に聴いていた音楽は、たぶん結構かぶっているような気がします。
あの頃は、私もフュージョンが大好きで、よく聴いていました。
このライブは、当日の朝さくっとネットで予約したんですよ。
日本よりも、ライブやコンサートのチケットは取りやすいので
気軽に行けるかもしれませんね。
…たまにはこういう夜もいいですね。

2008/8/30  8:17

投稿者:セレンディピティ

☆ はじけ猫さま ☆
ラリーカールトン、来日しているんですね。
ブルーノートのライブはつい先週のことなので、
ちょうど私と同じ時期に日本にいらっしゃったのですね。
はじけ猫さんのCDに入っているアーティストたち、
どれも若い頃よく聴いていました! 懐かしいです。

2008/8/30  3:30

投稿者:イザワ

ご家族でこういった場所へ出かけるって素敵ですよね。
家は、せいぜい映画までかな〜
でも最近は子供たちも大きくなってあまり一緒には観に行かないですね(笑)
こういった感じのお店で撮影できればとても嬉しいですね〜



http://diary.jp.aol.com/gmrktua9gt/

2008/8/29  19:21

投稿者:ゆず

私も一時期フュージョンに魅了されていたのでLarry Carltonは懐かしい♪
ライブでなんて羨ましいですぅ〜
今にして思えばあちらにいた頃にもっと積極的にライブに行けばよかった・・・
↑のはじけ猫さんがあげているミュージシャン全部すごく懐かしい☆
George Bensonも大好きでしたぁ〜

久し振りのご主人との大人のデート、素敵ですねぇ〜

http://diary.jp.aol.com/hxwqgm9/

2008/8/29  15:22

投稿者:はじけ猫

うわ〜、懐かしい♪
Larry Carlton、丁度来日しているんですねえ。
そう言えば、有楽町の国際フォーラムだったかなあ、
N響とジャズバンドのセッション、という異色の組み合わせのライブが
あるんですよね。
それで来ているのかな〜。
大好きなコンピレーション系のCDで
"JAZZ FOR THE ROAD"というのがあります。
そこにはLarry Carltonをはじめ、Lee RitenourやAl Jarreau、
Spyro Gyra、Wes Montgomeryなどが収められていて
なんだか嬉しい顔ぶれです。
あ。George Bensonもありますよ〜。

http://diary.jp.aol.com/8cmpynp78

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ