2009/1/6

みそ味のクラムチャウダー & 鶏肉の白ワインビネガー煮  料理

先月(ということは昨年!)作ったお料理を、少しずつ忘れないうちにご紹介していきます。
まずは「みそ味のクラムチャウダー」です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年の終わり頃から、「和の素材を洋風に」という気分が続いていました。
クラムチャウダーは、クリーム味、トマト味、透明スープ…と今までいろいろ作ってきましたが、今回はみそ味です。

バターでたまねぎを炒めて、はまぐりとかぶを昆布のおだしと豆乳で煮込み、お味噌で味を調えます。最後にかぶの葉を塩ゆでしたものを散らしました。
はまぐり・豆乳・お味噌のコンビネーションが絶妙で、優しい味のスープになりました。
ほんの少し入っているバターが、いいコクをプラスしていると思います。



クリックすると元のサイズで表示します

図書館で借りた大森由紀子さんの本。
簡単にできておいしいお料理が多く、先月はこの本からいろいろお料理を作りました。
その中から、いくつかご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

「鶏肉の白ワインビネガー煮」です。
以前ご紹介したイタリア料理の白いカチャトーラに似ていますが、これはフランス版。
本を見ていると、フランス料理とイタリア料理は地理的に近いこともあってよく似ていますが、同じお料理でもイタリア料理ではオリーブ油、フランス料理ではバターを使うことが多いようです。

白ワインビネガーでコトコト煮込むお料理ですが、ワインビネガーの酸味は消え、まろやかな風味になります。また、にんにくが丸ごと入っていますが、不思議なことに全く臭みは残らず、柔らかく甘く仕上がりました。お肉がほろりと柔らかく、ほっと幸せを感じるようなお料理です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも同じ本から、「ポークソテーとりんごのメープルソース」です。
豚肉をソテーしている横にりんごを入れて火を入れて、メープルシロップを回しかけて、最後に生クリームをかけて仕上げます。

お料理にメープルシロップ?!とちょっとぎょっとする組み合わせですが、不思議なコクがプラスされて、豚肉によく合いました。一口サイズにカットした豚肉とりんごとを、いっしょに口に運んでいただきました。
0



2009/1/7  7:57

投稿者:セレンディピティ

☆ イザワさま ☆
味噌味のクラムチャウダーというよりは
豆乳入りのはまぐりとかぶのお味噌汁と言った方が近いかもしれません。
思いつきでいろいろ入れて作りましたが、なかなかおいしくできました。
豆乳とお味噌、どちらも大豆でできているので
相性がいいのかもしれません。
過分なおことば、ありがとうございます♪

2009/1/6  22:28

投稿者:イザワ

味噌味のクラムチャウダーですか!
でも目を瞑ってクラムチャウダーの味を考えながら、
良〜く考えると、意外と合うかも知れませんね。
いつも基本に忠実でありながら独自性を追求している
セレンディピティさんは凄いですね!

http://toizawa.exblog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ