日本の西端奈留島生活五年半を終えて、今度は日本の臍で働き出しました。再び奈留島に戻り、看板通り働いています。今度は同じ五島列島の富江で働いています。

2017/3/28

名古屋市内の旅3  
 クリックすると元のサイズで表示します
 夕食を食べるためにホテルからブラブラと夜の街へ出ました。
すぐ近くに、夕空に浮かぶ名古屋テレビ塔がありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 テレビ塔の足元にあった、円盤のような屋根を持つ半地下のバスターミナルと商業施設のオアシス21。
昼のひつまぶしで未だ空腹を覚えていなかったため、夕食はここで軽く回転ずし。
  クリックすると元のサイズで表示します
 短い夕食を終えて外に出ると、テレビ塔は夜空の中にありました。
高所恐怖症なのに高い所に登りたがる私は、せっかくの名古屋なのでやっぱりテレビ塔に登ります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 シースルーエレベーターで上がりますが、東京タワーのように混んでないのが良いです。
100ⅿの高さと、今ではそれほど高い建物ではないですが、やっぱり前の方に立つと怖いですし、その一つ上のオープンデッキはもっと怖いです。
下の丸い円盤が、食事をしたオアシス21です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ライトアップされた名古屋城天守を、今度は逆にテレビ塔から見下ろします。
今秋から、立て直しのため天守には登れなくなるようですよ。
  クリックすると元のサイズで表示します
 栄の地下街には不二家があったので、最後はちょっと小さめのパフェを食べて、名古屋の1日目は終了です。

     返事

花水木さん:失礼しました、三遊亭朝橘(チョウキツ)ですね。
     関西ではお目にかかれないようですが、応援していきます。
大雪男さん:してるかどうか知りませんが、
     羽鳥アナとアリナミン宣伝の男優の目が気になります。

2017/3/24

名古屋市内の旅2  
 クリックすると元のサイズで表示します
 大曾根駅から徳川美術館まで歩く道すがら、たまたま入った鰻屋さんはそれなりに有名なのか、すぐに満席になり、特上のひつまぶしは当たりで、美味しく腹一杯になりました。
 徳川園の梅は満開で、風は少々強いですが上天気です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 尾張藩第2代藩主の隠居所を再整備した名古屋徳川園、徳川美術館への近道でもあったので、通り抜けるように庭園散歩。
  クリックすると元のサイズで表示します
 一度行きたかった、今回の第1目的地徳川美術館に到着。
徳川美術館はひな人形と源氏物語絵巻で有名で、丁度お雛さんの季節で、雛飾りや近衛家から嫁入りした福君の日本最大の婚礼調度も飾ってありました。
 しかし、観れると思っていた源氏物語絵巻は、実物ではありませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 隣接する蓬左文庫は、尾張徳川家の蔵書を集めた公開文庫。
蓬左(ホウサ)と言うのは、熱田神宮を蓬莱宮(ホウライグウ)と称したことから、それに向かって左、すなわち北の一帯の地域を指すそうで、名古屋城も別名蓬左城とも言うらしいことを知りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 本日はここまでの予定でしたが、まだ時間があったのでタクシーで、その蓬左城に向かいました。
名古屋市内を歩くのはまだ4回目ぐらい、今まで名古屋市内観光で行ったことがあるのは東山動物園だけと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 本丸御殿が復元されたところなのか、ピカピカの二条城という感じです。
廊下も新しすぎて、二条城のうぐいす廊下のように泣きませんでした。
 地震で昨年行けなかった熊本城の復元本丸もこんな感じなんでしょうね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 名古屋城のシンボル金のしゃちほこは、当然ピカピカ。
   クリックすると元のサイズで表示します
 名古屋城天守閣に登って、名古屋の街並みを眺めますが、山並みが見えるほどの快晴ではありません。
これまた名古屋市のシンボルのテレビ塔は見えました。
昨日のニュースで、この鉄筋の名古屋城天守閣も古くなったので、木造の天守に再建されることが決まったことを知りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 桜はまだですが、場内の梅は満開です。
歩き疲れて、早めに繁華街のホテルに入りました。  
     続く。

   返事  
花水木さん:名前も変わるのですね、
    「也」が無くなるのは、親として寂しいかもしれませんが、活躍を祈ってます!!
     朝橘はあさきちと読むのですか?

2017/3/22

名古屋市内の旅1  
 クリックすると元のサイズで表示します
 3月のお彼岸、私は金曜日も休みなので4連休でした。
じっと家に居るのはつらいし、出ていって混むのもつらいので、金・土のみ1泊で近場の名古屋の旅を、日曜日は孫と遊び、祝日の月曜日は昼麻雀となりました。
 その内名古屋の旅、京都地下鉄で京都駅まで行って、先ずは京都駅から新快速で、米原まで1時間弱の旅。
いつも車から見る湖東の景色を、上からゆっくり眺めます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 米原で普通に乗り換えて大垣まで35分、意外と混んでましたが、なんとか座って行けました。
先週また寒かったので、南下から見上げる伊吹山は、先々週の長浜から見た時と変わらず、まだ雪を冠っていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 大垣からは豊橋行の新快速、この列車が折り返して名古屋方面に行きます。
入ってくる列車を運転手さんと待ち、先頭車両で前の景色を見ながら名古屋へ30分。
  クリックすると元のサイズで表示します
 名古屋からはそのまま中央線に乗り換えて4駅ほど向こうの大曽根まで、その列車にはこんなゆったりした座席もありました。
 のんびりした老夫婦の旅行なので、新幹線なら40分弱で行ける京都名古屋間を新幹線代3000円をケチって、地下鉄も入れると五つの列車に乗り換えて、全部で2時間20分かけた旅行です。

   返事
花水木さん:三遊亭橘也さんの真打昇進、本当におめでとうございます。
    京都公演があれば、ぜひコメントに入れて下さい。

2017/3/19

4-1懿徳天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 めちゃくちゃ難しい漢字ですが、パソコンでは一発で変換できますので、これしか使わないのかもしれない、懿徳です。
安寧天皇の3人の息子の内第2子の大倭日子鉏友命(オホヤマトヒコスキトモノミコト)は、軽の境岡(カルノサカイオカ)に宮殿を作り、そこで天下を治め第4代懿徳天皇となりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 第3代安寧天皇陵から、更に左回りに畝傍山沿いを自転車で走ると、出発した橿原神宮に戻る寸前に懿徳天皇陵は見えてきました。
この陵にはちゃんとお濠もあるようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 参道は開放的ですが、左右は民間の駐車場のようです。
懿徳天皇はフトワカヒメノミコトを妻として、二人のお子さんをもうけました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 懿徳天皇は45歳で崩御し、陵は畝傍山の真名子谷(マナコダニ)の上にあると、古事記には記されています。
   クリックすると元のサイズで表示します
 懿徳天皇陵の畝傍山南繊沙谿上陵(ウネビヤマノミナミノマサゴタニノエノミササギ)ですが、ここの背後はこんもりとした山で濠も有り、古墳らしく見えます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 畝傍山周囲の地図が、懿徳天皇陵の近くにありました。
中央の緑が畝傍山、左上に橿原神宮が黒い線で描かれ、私が写真に赤で書き入れた1〜4代天皇陵の位置がわかりますでしょう。
この陵がすべて正しい位置と正しい埋葬者かどうかはほぼ不明ですし、そもそも1〜4人の天皇が実在したかどうかもわかりませんが、天皇家の始まりはだいたいこの辺と言うことでしょうね。
タグ: 天皇陵

2017/3/15

3−1安寧天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 綏靖天皇の一人息子師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト)は、父の綏靖天皇の崩御に伴い、片塩浮穴宮(カタシオノウキアナノミヤ)で即位し、第3代安寧(アンネイ)天皇となりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 母の兄の娘アクトヒメを妻に迎えましたから、従姉同士の結婚ですし、3人の子ももうけています。
 古事記には49歳で亡くなり、畝傍山の陰処にあたる場所に陵があると記されています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 初代神武・2代綏靖陵を巡ってから、畝傍山に沿って左回りにぐるっと、やや迷いながら自転車を走らせ、この地元の薬屋さんの看板の向こうの道沿いに見つけました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近鉄電車に積んで輪行で持ってきた自転車と共に写った、安寧天皇の
畝傍山西南御陰井上陵(ウネビヤマヒツジサルノミホトノイノエノミササギ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 陵の看板、内容は皆どこも同じですが、書体はそれぞれ違います。
ここの字は、微妙の部類に入る字体でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良のこの辺りの道端にはこんな案内道標がありまして、安寧天皇陵の目の前にもありました。
次はこの道標に従って第4代天皇陵を目指しますが、下調べではこの近くに安寧神社があるはずなんですが、近所の人3人に尋ねても行きつけませんでした。

    返事
花水木さん:結局この話も、後妻の子供が先妻の子である、
    異母兄を殺して皇位についたという、今の北朝鮮の様な話を堂々と正史に書いている。
    あの頃の感覚は今とは違うようですね。
タグ: 天皇陵

2017/3/10

2−1綏靖天皇陵  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 初代神武天皇は、まだ日向の国にいる時に、アヒラヒメとの間に二人の子をもうけていました。
東征には后(キサキ)のアヒラヒメは置いていきましたが、兄の五瀬命と共に、我が子の内長兄のタギシミミノミコトも引き連れていっています。
 大和で政権樹立後は、正式の大后(オオキサキ)として、三輪の大物主神の娘ヒメタタライスズヒメをめとり、ヒコヤヰノミコト・カムヤヰミミノミコト・カムヌナカハミミノミコトの3人の息子が産まれています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 神武天皇が亡くなった後、先妻の子タギシミミノミコトは後妻で未亡人になった義母でもあるヒメタタライスズヒメをめとり、天皇の位も得ようと、3人の異母弟を暗殺する謀を計画しました。
これを知ったヒメタタライスズヒメは、実子を殺されると、
 「狭井川よ 雲立ち渡り 畝傍山
           木の葉さやぎぬ 風吹かむとす」
と詠んで、実の息子たちに警告を発したそうですが、なんでこれで分かったのか、私にはもひとつ理解できませんが、簡単にわかるようでは相手にも分かってしまいますものね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 殺される前に義理の父になったタギシミミノミコトを殺そうと、兄弟は押し入りましたが、寸前になって兄のカムヤヰミミノミコトは怖気づいて、殺すことが出来ませんでしたが、末弟のカムヌナカハミミノミコトは躊躇なく義父を殺したので、兄はこの失態を恥じて皇位を辞退し、末弟のカムヌナカハミミノミコトが即位して、第2代綏靖天皇(スイゼイテンノウ)となりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 綏靖天皇は師木県主(シキノアガタヌシ)の祖であるカハマタビメを妻として、シキツヒコタマデミノミコトをもうけ、葛城の高岡に宮殿を作り、天下を治めたと古事記に記されています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 綏靖天皇は在位33年で、古事記では45歳、日本書紀では84歳で亡くなり、ここ桃花鳥田丘上陵(ツキダノオカノエノミササギ)に葬られたそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この綏靖天皇陵は、神武天皇の畝傍山東北陵のすぐ北の平地にありますが、江戸時代はこちらが神武天皇陵であると言われていてて、綏靖天皇陵と直されたのは明治になってからですので、ここに誰が葬られているのか、そもそも葬られた人がいるのかも分からないでしょうね。
 
      返事
花水木さん:伊吹山、いつも南側から見ていますが、
    全く違う山容です。
タグ: 天皇陵

2017/3/5

長浜盆梅展  
 クリックすると元のサイズで表示します
 羽柴秀吉が最初に築城した長浜城の城下町長浜は、琵琶湖の北東湖岸にあります。
思ってたより伊吹山が近くに見えますし、この方向から雪をかぶった伊吹山を見ると、南から見てた時と違って、意外と富士山に似た形をしていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日、その長浜駅前にある慶雲館に行きました。
明治天皇が京都へ行幸した時に、その休憩所として作った建物です。
なんか大きな石が使われた庭には、こんな大きな石灯籠もありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 芭蕉句碑も、日本で一番大きなものだそうで、芭蕉の句碑と言うイメージはありませんでした。
    蓬莱に きかばや伊勢の 初たより
 クリックすると元のサイズで表示します
 毎年冬の2か月ほど慶雲館で開催される、長浜盆梅展の鑑賞です。
さすがに年配の男女ばかりです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 盆栽の梅ですが、部屋の天井にあたりそうな、運び入れるのも大変な大きさのものもあります。
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
 20年ぐらい前にも行ったことがありますが、70歳近くなって盆梅を観ると、その当時よりはるかに美しく感じます。
桜は若者でも綺麗と感じますが、梅は年とればとるほど、その良さがより感じられるようになる花なんでしょうね。
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
 この盆梅展の梅は、1年に1回の盆梅展のために専門家に育てられているそうです。
梅の花は、翌年に同じ枝に咲くことはないとのこと、それが本当なら自然に咲いてそうな月ヶ瀬や南部の梅林の梅は、毎年どんな風に咲いているのか疑問ですが。
いずれにしても、盆梅展の梅は、毎年剪定されているそうで、「桜切るバカ、梅切らぬバカ」と言う通り、梅の木はどんどん剪定するようですね。
そんな人工的な梅の盆栽も、昔はあまり興味なかったのに、今は良く感じるようになったお爺さんです。

    返事
花水木さん:孫とスキーに行けたのは、確かに幸せでしたね。
    でも、息子が撮ったDVDを見て、シティーボーイがスキーをしてると思っていた自分が、
    白馬村や野沢村の村営リフトの雪かきをしていた、
    村のお爺さん連中とそっくりなのに、愕然としてしまいました。
     息子さんの真打昇進はめでたいのですが、三遊亭橘也さんは、
    落語の名人になるには賢すぎる感じがします。
    文才は保証しますので、ピースの又吉のように本を書いて、
    直木賞を狙う方が合ってる気はしてます。

2017/3/1

一家でスキー  
 クリックすると元のサイズで表示します
 貸スキーを10セット借りて、車に乗せて、一家全員11人で1泊2日のスキー旅行に出発です。
11人で10セットは、予行演習で夫婦で行ったスキーで、家内が自信を無くしてしまい、今回は後方支援に廻ったからです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 滋賀県と福井県の境にある国境スキー場まで1時間半ほど、峠には融雪装置が稼働していて、少し積もった新雪も融かしていたため、楽々到着。
 ムービングベルトと言う動く歩道様の装置もあるので、初体験の孫3人もこれに乗ってそり遊びも出来ますし、すぐに慣れてスキーを履いたまま乗ることも出来ました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 欠点は休む所や食べる所が少なく、土日は満員で利用できず、昼にはスキー場をあとにして、マキノ高原で昼を食べました。
日帰りでも行ける近郊スキー場ですが、近くの琵琶湖岸のホテルに宿泊、早めに着いたのでチェックインまで、竹生島が間近の湖岸でのんびり過ごしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 新しく加わった婿がお茶の先生なので、狭い部屋のベッドの上で一服二服と薄めの濃茶をいただきました。
旅行用の小ぶりの道具、茶碗も乾漆造りなので、想定外の軽さですし、ホテルでお茶も想定外です。
 早めの夕食と、もう一度子供たちの部屋でもお茶をいただいて、バタンキューです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 2日目、土曜日よりも混んでいましたが、孫3人はリフトも乗って、上の方からゆっくり降りれるようになりました。
 ちょっと左に傾いたボーゲンの姿勢は、家内そっくりで血は争えませんが、家内に言わせると「あんたも昔から全く変わらないスタイルで、上達なし」と言いますし、息子が撮った写真を見て、おのれの爺さんスタイルに愕然としてしまいました。

     返事
花水木さん1:医者でお堅い人はあまりいませんよ。
     他の職業の人と話をすると、真面目さに驚くことが多いです。
花水木さん2:連続コメントが出来ないいたずら防止策があること、
    初めて知りました、ありがとうございます。

2017/2/24

お茶屋遊び  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週は大学同窓会がありました。
ちなみに私の卒業大学は、現在新聞紙上を騒がしている大学で、おまけに学長は同級生です。
4割ほどの参加者がありましたが、さすがに学長は今回は欠席でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 一次会は中華料理店でしたが、今回の二次会は祇園の一力です。
若い時に勤めていた病院は、祇園と深いつながりがあったので、時々連れて行ってもらい、もてなしを受けたことはありますが、一力に行くのは初めてです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 芸妓の御姐さんの踊りです。
祇園で遊んで面白がるには、踊り・謡曲・三味線・着物などの素養がないとだめなので、そんな知識が全くない私は、ぼおおと観るだけです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 若い舞妓さんの踊りと続きます、狭いお座敷ならこの後舞妓さんとゲームなどをしたのですが、今回はたくさんの人なので、各卓で芸妓さんや舞妓さんと談笑。
五島列島福江や久賀島まで一人旅した旅好きお姐さんと意気投合し、久しぶりにワインが美味しかったし、久しぶりの祇園の鯖寿司もうまかって、酔ってしまって帰りました。

2017/2/22

京都マラソン  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週の日曜日2月19日には、1万7千人参加の京都マラソンが行われました。
一時的に地下鉄利用以外では、私の自宅は陸の孤島になってしまいますが、応援は目と鼻の先で出来ますし、窓からも見ることが出来ます。
「選手が近づいて来ます」のアナウンスがあってから、道路に出ると先導車が来た所です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この辺は25q地点ぐらいですが、先頭の村刺選手が5分以上2位の選手を離してもう独走です、結局7分ぐらいの差でそのまま1位だったようです。
 ここから1q走ってまた折り返してくるので、「独走や!楽勝・楽勝」と、大声で応援したら、家内から「島でトライアスロンの応援した時と違って、近所の目もあるからやめとき」と注意されました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 3時間ぐらいで走れる人たちもたくさん通過していきます。
けっこう早いペースですので、素人でこんな人たちが沢山いるのは驚きです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 3時間半のペースメーカーが通過した頃になると、向かいを帰ってくる2q先を行く人に比べても、走りが違ってる人たちがたくさん通過しました。
 往診を一緒に行ってる看護婦さんも走ってるはずなのですが、時々家に帰ってたので見過ごしてしまいました。

     返事
花水木さん:40歳過ぎた頃、金網の破れ穴をすっとくぐれなく、
    落ち込んでから四半世紀。
    今回はなんとか滑れましたが、貸スキーの金具を、かがんでも自分では留められず、
    家内に手伝ってもらう始末、情けない老人です。
和さん:琵琶湖バレーはアイスバーンが多いイメージが残ってますので、
    この年ではもう行けません。
     行ったのは滋賀県最北の国境スキー場です。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ