山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ショウタン
hanasakuさん

グラの字が化けるでしょう
ティーカップはこの字に耐用していないようですね
地図読みですか
難しいと言えば難しいですが、私はどんな小さな山でもいつも読図の訓練をしています
だいぶん上達しました。その前に自分で読んだ位置がGPSの位置とピッタリの時は嬉しいですね
マッ双門は体力がいるとしても、天女の舞は天川村が村民行事で利用するくらいだからそんなに体力は要りませんよ
大蛇グラは天気を当てれば最高ですよね
シオカラ谷渡るのかな、爽やかな季節です
楽しんでください

RIKOさん

ソウですね12日は天気間違い無し、水量も少なく歩きやすいですが相も変わらず木の橋は滑りますからご注意を
13日まで双門内でお待ち下さればご馳走運びますが 笑い
投稿者:RIKO
双門の滝に、双門、天女の舞、3つのスポットですね。いよいよ行きます!
ショウタンさんもまた行くんですね。
以前行ったときは全然景色も見えなかったので、今度は晴れて欲しいです。
投稿者:hanasaku再度
スミマセン
文字化けしています
改めて、
日曜日に大蛇ぐらから中ノ滝を見てきましたよ

http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:hanasaku
>私の地図を見ればごく簡単に行けるはずです
そんな生やさしいものじゃなさそうですよ
先ず体力がいる、読図力がいる
熊渡り7時発って前泊ですか?
天女の舞ってその前に出ていたあけぼの平のミニ版みたいです
そうそう、日曜日に大蛇欧C蘆罐梁譴鮓C討C泙靴燭

http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:ショウタン
ゆきうささん

天女の舞、いいネーミングでしょう
地元の自治会などはハイキングに利用しているようです
ここでゆきうささんのピアノでも聞ければ最高ですが、いかなショウタンでもピアノは担いで行けません 笑い

ソウなんです
登山は自分の目と体で行動を行わないと、そこにロープがあるからなんて言ってそれに全体重を預けるようなことはしては行けません
あくまでも補助手段なんです
石橋をたたいて渡る心構えも必要なんです
投稿者:ゆきうさ
天女の舞・・・
なんだか想像できますね〜〜^^

それにしても頼りと思う梯子や鎖なんて
しっかり自分の目で確かめてからじゃないとよけい危険ってことですね
朽ちてきたものはやむをえないとしても・

http://ameblo.jp/yukiusa-runrun
投稿者:naru
山は信仰の対象となってきたというのが感じます。この風景をみて感動しない人はいないのでは?

http://narusaki.naturum.ne.jp/
投稿者:ショウタン
よっちゃん

12日がんばって下さい
階段が疲れますよ、途中の浮き根の痩せ尾根は十分に注意して下さいね
無いようで有るのが落石です
楽しんできて下さい

奈良の爺々さん

軌跡利用さして頂きましたが、電波状態が悪く結果ここだろうと推測してコンパスを振りました。
皆さん感動するでしょうね
どうですか、運試しに中で座禅でも組んでみては 笑い

クロちゃん

紀伊半島は山は低いですが山又山の秘境が多いです
有名な山々のような美しい見晴しがない変わり自然と対話が出来る秘境が目白押しなんです。
いつか機会を見て関西の大峰山系や台高山系に足を運んでみて下さい
投稿者:クロちゃん
ショウタンさん、おはようございます♪
天女の舞って、きれいな言葉ですね。
そして、実際の場所も素敵と思います。
双門はちょっと怖そうです。(^^ゞ
変化があって面白そうなコースと感じました。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
投稿者:奈良の爺々
石の双門は双門の滝の上にあるとは聞いていました。三十何年前の写真も見せていただいてました。が、忘れかけてました。
そこにショウタン様の情報!!早速その方に確認を取るとどうやら方角的にも合ってる様子。
で、早速確認に行ってきました。それにしてもスケールの大きいまるで建造物みたいでしたね。その方に報告すると喜んで下さいました。もう地震なんかで無くなっているかと半ば諦められていましたと言ってられました。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ