山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ショウタン
hanasakuさん

そうですね。下の方は水も冷たく感じなかったですが、上に登るほど冷たく、グローブ越しの沢水は痛いくらいでした
夏は気持ちのいい沢だろうな
階段嫌いな私です
あの階段は地獄かシゴキかもう足がガクガクに成りました

RIKOさん

高天谷、又ご一緒ください
今回大滝は巻き登りましたが、夏はシャワーで正面突破と思っています
下山はやはりあの階段はどうもいかしません
同じところに下るなら今回のルートは足に優しいです

奈良の爺々さん

綺麗な谷ですね
あの山抜け地点は少し苦労しましたが、ルートが出来つつありました
次回は本谷を突き上げるつもりです
枝谷が沢山ありました
又一つ一つ攻めたいです
機会があれば連絡よろしくです
投稿者:奈良の爺々
高天滝、今年は一回も行かなかったな〜
分岐を全て登ったが真ん中のルートでRIKOさんがずりずり落ちてたのが昨日のように思い出されます。
案外綺麗な谷でしょう。
投稿者:RIKO
今年は行かなかった高天谷。また行ってみたくなりました。けっこう面白いでしょう。
下りは、さすが、ショウタンさんたちですね。郵便道を下らないのですね。
金剛山は、山頂でのんびりできるのがいいですね。
投稿者:hanasaku
下半身とは言え、もうこの時期冷たくはないですか?
コンクリート製や石積みの堰堤を見ると確かに歴史を感じさせてくれますね
沢を抜けると雪国
ならぬあの階段が待ち受けていたとは‥

http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ