ご来訪ありがとうございます。こちらは「多角文芸研究会」のBlogとなっています。
多角文芸研究会とは、ありとあらゆる文化文芸(小説・論文・音楽・演劇・絵画・映画・漫画・アニメ・ゲーム・ガンプラetc)を、さまざまな視点から見ていくことを主とし、批評から創作までやってみようじゃないかという、ある種ヤミ鍋に近い集団でございます。
創作誌の『たぶん本。』と文化批評誌『抄』を年3回程度発行しております。詳しくはカテゴリからそれぞれのバックナンバーをご覧ください。
バリバリと活動中です!興味をもたれましたら、気軽にコメントや拍手なぞをいただけるとうれしく思います。当Blogのリンクはフリーです。
連絡先はtabunken☆yahoo.co.jpです。☆の部分を、半角アットマークに変更してください。

2011/11/8

2011年度新刊案内  活動

2011年度の龍尾祭はおかげさまで無事に終了しました。
遅くなりましたが、『たぶん本。』『抄』の最新刊の目次です。
新たに入会したメンバーによる執筆や話題作のレビューも目立ちます!


『たぶん本。』第5号(2011年7月発行)

《小説》
やしろ「かくれんぼ」
《小説》
しろはね「妖怪 食器洗いの生態報告書」
《詩》
紅玉りんご「夏」
《小説》
水野千昭「火は美しく奏でられる」
《小説》
海原かをる「海月(1)」
《小説》
有我茉莉「港の神社」


『たぶん本。』2011年龍尾祭特別号(2011年10月発行)

《小説》
海原かをる「海月(2)」
《小説》
夢松国浩「とある学生達のしょうもないぐたぐだ日常」
《詩》
桐谷桐「月世界」
《詩》
桐谷桐「忽忘草」
《詩》
紫彗「  」
《小説》
有我茉莉「海底の道」
《小説》
小林よだか「虹」
《小説》
有我茉莉「マリア観音」

――――――――――――――――――――――――――
『抄』Vol.5(2011年7月発行)

《レポート》
小林よだか「『遠野物語』と都市伝説」
《レポート》
紐育人「福島第一原子力発電所事故による母親の対応について」
《ガンプラ製作記》
やちまた「ガンプラ製作日誌――HGAW ガンダムX編」
《論考》
海原かをる「『ライトオタク』をめぐるブログ言説分析の試み――オタク文化の地図を描く」


『抄』2011年龍尾祭特別号(2011年10月発行)

《レポート》
小林よだか「民俗社会における共同と排除について――ゴミステーション問題を事例に」
《レポート》
父「時間意識の差異に関する小論――近代批判と時間差異の類型」
《ゲームレビュー》
憂理『デビルサマナー〜葛葉ライドウ 対 超力兵団〜』
《ガンプラ製作記》
やちまた「ガンプラ製作日誌――HG ガンダムAGE-1ノーマル編」
《論考》
海原かをる「アニメーション映画に描かれる地理的想像力――新海誠監督作品『星を追う子ども』を中心に」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ