森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:佐藤
画像みつかりましたので、ご報告致します。
投稿者:佐藤
先ほどのコメントでは言葉足らずでした。すみません。
日本テレビ番組の制作を担当しております。佐藤です。
イノシシの巣の写真を番組内で使用させていただきたくコメントさせていただきました。
ご返信お待ちしております。

http://white.ap.teacup.com/takezou/701.html
投稿者:佐藤
突然ですが、イノシシの巣の画像を使わせていただきたいです。
私のメールアドレスにメールを送っていただけるとありがたいです。よろしくお願い致します。

http://white.ap.teacup.com/takezou/701.html
投稿者:ニシメガネザル
かっこいいですね。こういう草原のない森林エリアのイノシシはどうしてるんだろう……。
投稿者:三四郎
へー!興味深い巣を見つけましたね。
この青々とした庇状のカヤをみると今現在も使っているようですね。

しかし、気になるのは出口の穴がちょっと小さいが、何のことはない。ウリボウが頭を突っ込めばカヤの絡まった柔軟な構造のためにらくらく入ることができますね。
この中に5、6頭のウリボウが母イノシシがお乳を飲ませにやってくるのを待ち受けている姿を想像するだけでも楽しくなります。

http://tanzawapithecus.blogspot.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ