2017/12/15

午後から日差しが  富士山

午前中は曇空で気温が低かった。
西の空も雲で覆われていたが、富士山のふもと付近は見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

昼すぎまでは陽射しがなく、気温も7度ぐらいだったが、午後2時過ぎからは青空が広がり、日に当たるとぬくもりを感じるようになった。

午後2時40分頃には気温は9.9度まで上昇した。
関東は今日が低温の底となるという。

モミジはまだほとんど落葉しない。
北側の花桃はまだわずかに葉が残ったままとなっている。
バラは咲き続けている。
なんとなくお正月ごろの日差しと気温を感じる。

2017/12/14

朝は冷え込んだ  

今朝は快晴で冷え込んだ。
我が家で最低気温がー0.3℃となり、この冬初の冬日となった。スイレン鉢は一番北側のものに氷が張った。スイレン鉢を杏子、バラ、花梨、モミジなどの木に置いてあるため、以前の塀際に置いていた時と比較して氷は張らないし、スイレンの花も日陰となって咲かなくなった。良いことなしだが、管理の都合だけはぐあいがよい。

快晴の空の下、富士山はくっきりと見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上付近の積雪は吹き飛ばされてしまったように見える。

クリックすると元のサイズで表示します

八つ手の花が開き始めている。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく留守にしていた間、南側の庭の落葉樹の葉はほとんど落ちた。花梨の葉が少し残っている。ライラックもこれからだ。モミジはここまで紅葉した。本年こそ、年内に落葉が完了するであろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

北側の花桃はまだ葉が少しついている。北側の庭のバラの花は咲き続けている。道路際のユリオプスデイジーは黄色い花を咲かせ続けている。
椿の花も次々に咲き、次々と花を落としている。
フジの葉は9分通り落ちた。

1日空は晴れていたが、夕方になると西の空に雲が増えてきた。
日没後の富士山はこんな具合に見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/4

今朝の富士山  富士山

今朝は快晴。未明のスーパームーンは明るかった。

富士山には雲一つかかっていない。

クリックすると元のサイズで表示します

積雪はだいぶ薄い。

クリックすると元のサイズで表示します

これは昨日撮影した、南側のモミジ。
急に赤みを増してきた。

クリックすると元のサイズで表示します

侘助の写真も撮影した。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/3

今日の富士山  富士山

今日はよく晴れた。
日中は快晴になった。

朝は西の空には雲が流れていた。
それでも富士山は長い傘雲の下に見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

山頂近くに雲の影が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

その後傘雲は小さくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

午後は快晴で、まぶしすぎる日差しの中で、富士山はかえって薄く見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/3

花梨ジャムを作った  

3日がかりで花梨ジャムを作った。
昨年は10月24日に作り始めたから、本年の12月1日からの作り始めはだいぶ遅いことになる。
まだ6月12日に作った杏子ジャムの最後の瓶に残ったジャムを食している最中で、7月23日に作ったピーチジャムは2瓶とも残っている。
ここで花梨ジャムを大量に作ってしまうと、在庫が積み上がってしまいそうなので、一時本年は作るのをやめようかとも思っていた。

実際、10月に実が落ち始めたが、虫が中に入っているものが多かった。しばらく水に漬けておいたが、虫が出てきたからよいかと思って取り出しておくと、実の周りに切子のようなものが積もってくるので、みな庭に捨ててしまった。
本年は大きな実は6個だけだったので、そのままやめようと思っていたのだが、11月中旬に落ちた実は、虫の侵入孔の目立たないものだった。しばらくキッチンカウンターに置いて様子を見たが、切子が出てくるようなことはなかった。2週間以上そのまま置いて、香りを楽しんでいたが、この1個だけジャムにしようと思った。

クリックすると元のサイズで表示します

皮をむいて、細かく刻んだ。このステンレス鍋の半分ぐらいの量だった。
せいぜい2個程度がよいと思った。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからのところで失敗してしまった。本年は、しばらく置いておいたため、水分が少なくなっていた。やはりすぐにジャムにした方がよかった。また、ちょっと手間を省いてかき混ぜなかったら、焦げ付いてしまった。

捨てるのはもったいないので、焦げ付きをはがして、さらに煮た。このステンレス鍋はよいもので、へらでこすったら、焦げ付きはすぐにはがれた。黒いものが混ざった状態のジャムとなった。

この先も、燃料代の節約で、3日間、煮たつまで火を入れて冷ます作業を繰り返したが、粒はきえなかった。これなら、もっと細かく切り刻むとよかった。

2瓶ちょっとのじゃむが できた。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/2

この1週間で紅葉が進んだ  富士山

今朝の西の空はかすんでいたが、頭の上の空は真っ青だった。
富士山はかすんでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

雲の上に出している頭の部分は白くて、雲の色と近い

クリックすると元のサイズで表示します

富士山の手前の山の紅葉が進んでいることが分かる。

この1週間で我が家の紅葉も進んだ。
昨日、フジの葉の屋根から上の部分処理は完了した。
それより下の部分も自然落下で葉が地面に府立もんた感じとなっている。

小動物(たぶん猫)が夜間に暖を撮ったと思われるへこみが時々あった。

南側のオカメ桜はまだ葉が少し残っていて、掃除は欠かせない。
木蓮の葉も高いところにわずかに残っている。
北側の花桃も、少し色づいてきた。ただ、緑色のまま散っていく葉が多くなってきた。
ライラックの葉の落葉が少しずつ始まっている。

1週間ほど前から、侘助の花が咲いている。
八つ手の蕾はまだ開かない。

2017/11/27

ピラカンサの実が野鳥にすべて食べられた  

今朝も快晴だった。

西の空には富士山がくっきりと見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

低いところには雲があるが、早朝の空は真っ青だった。

クリックすると元のサイズで表示します

日の出富士の花が、低いところでも咲いた。これは20年ぶりぐらいになるかもしれない。
当初は、綺麗な花が樹冠を多い、夜でも真っ白に見えたことがあった。

クリックすると元のサイズで表示します

また、あのようになってほしいと願うものだが、このまま元気になってくれるだろうか?

今年は、ピラカンサの実を野鳥が食べるのが早い。
もす赤い実はすべて野鳥に食べつくされてしまった。

その割には、野鳥の鳴き声は少ないように気もする。

2017/11/26

昼前から風が強くなった  

今日は昼前から風が強くなった。天気予報では晴後曇だったが、昼過ぎに雲が多くなったものの、午後も日差しに恵まれた。

これは昼過ぎの西の空。雲は多いものの、富士山の手前は見通しがよく、富士山はよく見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの所、富士山は平年を下回る気温の日が続いており、白さを増している。

クリックすると元のサイズで表示します

風が強いのであろう。頂上付近の積雪が少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/11/24

今日は暖か  富士山

昨日は午前中は雨、午後から一時晴れるときもあったが雲の多い1日で富士山は見えなかった。
今朝は雲が多かったが、富士山は見えていた。

昨日の雨が富士山では積雪となり、白さが増している。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山の上には暑い雲があったが、このようにしてみると、すっかり良い天気に見える。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、一時快晴となったが、午後になってまた雲が増えてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

一昨日、構内のキバナコスモスの処理は終了した。
まだ、手を加えなければならない作業がかなり残っているが、来年春までに時期を見ながら行えばよいだろう。つつじは5本増やした。

昨日、屋上の東側と南側のフジの葉の処理が完了した。西側が残っており、これが一番大変なのだが、少し時間が掛かりそうだ。

2017/11/21

今日は富士山がよく見えた  富士山

今日は快晴。気温は低かったが富士山はよく見えた。
冬空の富士山だ。

これは昼過ぎの富士山。
朝の富士山とは異なり、強い反射光がある。

クリックすると元のサイズで表示します

積雪は薄いが、麓の方までうっすらと白くなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

庭では、八つ手の蕾が膨らんできた。

クリックすると元のサイズで表示します

八つ手の蕾と姿に類似性があるヒバの木。

クリックすると元のサイズで表示します

つわぶきはいよいよ終わりとなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

今日も構内のキバナコスモスやエノコログサの処理を行った。セイタカアワダチソウやセンダングサはだいぶ少なくなったが、まだ残っているので、これも処理した。

1日良く晴れた。これは日没後の富士山。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は曇から雨の天気のようだ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ