2018/7/20

暑い日が続いている  富士山

連日暑い日が続いている。
ただ、空全体が青空というわけではない。
薄曇や曇りの日が多かった。
今朝は青空がひろがっていたが、西の空はかすんでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山はかすんでいて、ファインダーではなく液晶画面で被写体を確認するカメラでは、どこに富士山があるのかわからず、勘撮りとなる。

画像を強調してもこんな具合。
肉眼ではわずかに見えているのだが、液晶画面では全くわからない。

クリックすると元のサイズで表示します

サルスベリの花が増えてきた。
構内の草はどんどん伸びていく。
厳しい暑さの中、手が回らない。

フジのつるもどんどん伸びている。

昨晩は風があったため、冷房なしでもここ数日の中では耐え安かった。

2018/7/11

本格的な暑さがやってきた  富士山

今朝の西の空は雲が多かったが、富士山は見えていた。
白くかすんでいてコントラストが弱かったが、画像を強調するとこんな具合に見える。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は1日雲が多かったが、午前中は強い日差しがあり、布団をほしたりした。

クリックすると元のサイズで表示します

午後は、構内の草刈りを行った。東側の端で、セイタカアワダチソウなどの根茎の処理を行ったのだが、暑い中、汗が噴き出した。幸い曇で陽射しがなかったのだが、この時期の作業はきつい。冷えたスポーツドリンクを差し入れてくれた人がいた。

これは投稿し忘れた9日の朝の富士山。
この日はよく晴れていて富士山がよく見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

雪はほとんどない。

クリックすると元のサイズで表示します

この日は洗濯を2回したが、すぐに乾いた。
屋上のフジの花が少しずつだが、どんどん咲いている。その一方で今年はこの時期にフジの落葉が多い。

所沢では6月中にニイニイゼミの鳴き声をきいた、7月に入るとここでもニイニイゼミの鳴き声が聞こえてきた。今日はツクツクボウシが鳴いていた。



2018/7/8

西日本の広範囲で大雨被害が発生  富士山

西日本の広い範囲で大雨被害が発生している。
湘南地方には降水帯が入ることはなかったが、今朝の富士山の周辺の雲は、普段とは異なるものだった。
クリックすると元のサイズで表示します

ここで富士山周辺にも大量の降水があり、積雪はほとんどなくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

大量の水蒸気により3日間降水量の記録を更新した観測点が100近くあったという。
東南アジアの降水が日本でも、ということに変化したのかもしれない。

今日は槙の剪定を行った。

また、久しぶりに構内の草刈り作業を行った。
薄曇でも気温が高く、作業は大変だ。

2018/7/2

富士山の積雪はほとんどなくなった  富士山

富士山の山梨県側は昨日山開き。
今日は雲一つない空に富士山がくっきりと見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

積雪はほとんどなくなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

関東は6月中に梅雨が明け、この1週間気温の高い日が続いている。

構内のサルスベリはこんな具合。

クリックすると元のサイズで表示します

この暑さでユリの花の傷みも早く。南側のユリも、最後に開いた一番上の花が綺麗に残っているだけとなった。

桃の花を摘んだ。

ぼけが枯れてしまったようだ。
フジの蔓の成長力は相変わらずものすごい。

気温が高く、庭作業は一休みだ。

2018/6/28

南側のユリが咲いている  

ここの所忙しくて花の写真を撮影できていないが、南側のユリが咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく今朝撮影した。
今朝は雨が降っていたが、ほどなくやんだので撮影した。
4個中3個の花が咲いている。

北側のユリはほとんど終わった。
傷んだものを含めて昨日処理したため、現在咲いている花は1個だけである。

コンボルブルスはまだかなり咲いている。

北側のアジサイはほとんどの花が傷んだので、昨日処理した。

2018/6/21

ユリの花がさらに増えた  

今日は思いのほか天気の回復が遅かった。
朝方は小雨が降り続いていた。
昼近くになっても、時々雨が降るような空模様だった。
そんな中、北側の庭のユリの花がさらに増えた。
10個咲いて、蕾が2個残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも8個咲いて、蕾が2個残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、根元で折れてしまったものを地面に挿した株だ。
咲かなくてももともとと考えていたが、ここの所の降水のおかげで、咲くかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

南側のユリも、この蕾と同じ程度まで膨らんできた。

2018/6/19

久しぶりの富士山  富士山

さくじつは1日雨模様で気温が低かった。
今朝は青空がのぞいており、西の空に富士山は見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

積雪はすっかり少なくなっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

朝すぐに選択をしたら、昼食後にはすっかり乾いていた。
その後も日差しが強かったので、午後3時半までは草刈り作業を控えた。
その後3時間構内の草刈りを行った。
進んだのはせいぜい3m。
キバナコスモスを残しながらの草刈りなので、作業ははかどらない。

北側のユリはここまで咲いた。
後ろに見えるのは桃の実。

クリックすると元のサイズで表示します

南側のユリはまだ蕾が開かない。
北側のユリも黄色の花は一つしか開かなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

屋上のフジは2番花が次々と咲いている。その一方で、西側の葉の中には紅葉している葉も見られる。

杏子の実は、今年は10個しか収穫できなかった。そのわずか10個の収穫時期も揃わず、早く落果したものは冷蔵庫に入れておいた。その後、忙しくてジャムを作らないでいたら、最初の実の収穫から3週間以上たってしまい、カビが生え始めてしまった。今年はジャムづくりをあきらめた。



2018/6/17

ユリの花が増えた  

今日は昼頃まで曇で気温は低かった。午後から日が出たが、それほど気温上昇はなく、草刈り日和だった。

午後から晴れたといっても、西の空には雲があり、富士山は1日見えなかった。

北側のユリの花が増えた。
この株は4つの花が咲き、あと5つは咲くようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの株も4つの花が咲き、あと4つの咲くようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

北側の庭には2種類の色のユリがあるのだが、黄色い方は株が傷んでしまったようだ。
この花は、咲き始めから傷んでいて、痛々しい。

クリックすると元のサイズで表示します

道路際の紫色のサルスベリの花の写真をようやく撮影した。

クリックすると元のサイズで表示します

構内のサルスベリも、1株だけは近々ピンク色の花を見せてくれそうだ。

2018/6/15

百日紅の撮影はできなかった  

今日は涼しかったので、構内の草刈りにはちょうど良かった。
午前10時から草刈り作業に入った。
すべて手作業のため、なかなか面積を稼げない。
一通り刈るには2週間はかかる。
時折小雨がぱらついていたのだが、暑いより良いので昼飯を遅らせて作業を続行した。
午後1時ころに雨脚が強くなったので終了。

今日も道路際の百日紅の花の写真は撮れなかった。
構内のサルスベリは1本だけ、花芽がついている。
その他の株は、枝の先端に病害虫が発生していて、今年も8月にならないと花は楽しめないかもしれない。
ユリは2本目の株の花が一つ開いた。
この程度の気温で陽射しのない日が続いてくれると草刈り作業ははかどる。
梅雨空の嫌いな人もいるだろうが、個人的にはこの時期のこのような天気は庭仕事に向いていて好きだ。


2018/6/15

百日紅の撮影はできなかった  

今日は涼しかったので、構内の草刈りにはちょうど良かった。
午前10時から草刈り作業に入った。
すべて手作業のため、なかなか面積を稼げない。
一通り刈るには2週間はかかる。
時折小雨がぱらついていたのだが、暑いより良いので昼飯を遅らせて作業を続行した。
午後1時ころに雨脚が強くなったので終了。

今日も道路際の百日紅の花の写真は撮れなかった。
構内のサルスベリは1本だけ、花芽がついている。
その他の株は、枝の先端に病害虫が発生していて、今年も8月にならないと花は楽しめないかもしれない。
ユリは2本目の株の花が一つ開いた。
この程度の気温で陽射しのない日が続いてくれると草刈り作業ははかどる。
梅雨空の嫌いな人もいるだろうが、個人的にはこの時期のこのような天気は庭仕事に向いていて好きだ。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ