思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2017/6/1

いまさら感満載の3月日記1  ロザリンド戦記

3月11日にも何か在った気がするのですが…(-_-;)誰かの
企画では無かったか?ともあれ、その記憶を辿るよすがとなるべき、
写真やSNS記述が発見出来ないので、そこはスルーして(^_^;)
話題は2017年3月12日のコレですコレw


クリックすると元のサイズで表示します



PANORAMA AFROの一夜限り的な復活は東京で行われてた
わけですが、まさかソレがジンちゃんのファミーユ10周年
記念イベントとして、PullingTeethとパッケージで…
この盛岡で観られるとは('〜`;) !

実際問題、我々ロザリンドが一番肉体的にも精神的にも
金銭的にも(笑)辛いツアー修行期に、頻繁に一緒に歩かせて
もらったこの2バンド。AFROとPullingのスプリット・アルバム
のレコ発で、北九州3箇所〜岐阜〜松本〜盛岡とか演った時期は、
今にして思えば、何かもう狂騒のピークであったなあ、
と云った感慨すら湧きますね(^_^;)

尤も、ロザリが一番一緒に歩いた頃のAFROは、既に安さんが
居らず、ジンちゃんも加入前で、現在のメンバーでは
マキール大佐唯一人しか居なかった時代では在ったのですがw

そんな皆様を、近年盛岡で知遇を得た若い仲間達の中でも
最年少に近いちゃぶ台の諸君と共にお迎えするとは。
長生きはするもんだww


クリックすると元のサイズで表示します











































此の日は、ヌマちゃんとヤスの新トリオ、bibのお披露目もアリ。
更には大御所Baptizeまで、とほぼ盛岡的には
“揺り籠から墓場まで”?と云った風情の全世代ラインナップww


クリックすると元のサイズで表示します

























再結成AFROと言っても、リズム隊は安さんとジンちゃん、と誰しも
当然に思うわけで、問題は“誰がギターを弾くのか?”デスよね?

ナントSPANAMのカバちゃんが見事にその大役を果たしましたw
いや、素晴らしかった。圧倒的なリズム隊に一歩も引けを取らない
見事な演奏!カバちゃん、SPANAMん時よりギタリストとして
ずっと“際立つ”なあ、とすら思った凸ヤマでした。

『ラックアウト』『スーパーディスコメン』と云った珠玉の名曲
が甦ります。((;¬_¬)不思議と満員のお客さんには
 ファンク色の強いナンバーよりハードコア・チューンの方が
 ウケてて、妙な気分でしたけどw)

Pullingの時のジンちゃんは、モチロン言うに及ばず“凄い”のですが、
この『10年早かった?』ミクスチャー・ファンク・バンドでの
フィット感と云うか、凄みだけでなく、そもそもファンキーな
ジンちゃんの人柄が映えるAFROでの自由自在感も
なかなかに捨て難いなあ、と思えました。
んで、圧巻の安さんBASS。見事過ぎる。的確過ぎる。
とても北海道時代、ひたすらお客を殴ってたハードコアのヒト
とは思えないw

今回、たまたま大阪&沖縄でのロザリのスポンサー企業の
社長、マサちゃんと凸ヤマ&だるまさんで、
『Chicのバーナード・エドワーズのBassヤバ過ぎ問題』
と云う、かな〜り今更感満載のブームが来てたタイミング
だったのですが。何の因果か偶然か、奇しくも安さんにも
同様のブームが到来してたのだそうで。
ハンバーグのベルで折しも『Le Freak』が掛かった時は
アガったね(o^-')b(最高にBassが恐ろしいのは『Good times』
ですけどね)

脱線した(^_^;)。。。え?マキール大佐?胸板ますます
厚くなってたww大佐は大佐。大佐のまんまww


クリックすると元のサイズで表示します

























そんで、ライヴ本番に話を戻しますと、AFRO終えたジンちゃんの
体力回復時間を稼ぐ為にロザリとBaptizeが奮戦w

そして怒涛のPullingTeeth!日和ちゃんとも言ってたんだけれど、
ジンちゃんの26inchベードラとタイジ氏のウッドベースの
スラップのハーモニーは、もはや別次元。吹っ飛ぶね(o^-')b

プロンプターとして大活躍中の及ちゃんも写り込んでますw


クリックすると元のサイズで表示します











































↑コチラの写真は、Pulling本番中、タイジ氏がお客を煽りに
ステージ最前へアピールに向かった際にBassを任せられた、
だるま姐さんの記念すべきショットww


クリックすると元のサイズで表示します
























世代を跨いで和気藹々の打ち上げ。ちゃぶ台・石田くんをイジる
ジンちゃん、カバちゃん、だるまさんw


クリックすると元のサイズで表示します

























同じく、ちゃぶ台・ヤンヤン、山口、bibのヤスと凸ヤマ。


クリックすると元のサイズで表示します

























ライヴ同様盛り上がった打上げの集合写真。本番中の写真が無いけど
Baptizeテッちゃん&タマKINGも。更にはソーちゃんや静哉さん、
ワニさんやChangeグループ総帥・黒ちゃん、日和ちゃんの顔も。

いやあ、感慨に浸るな、って方が無理なイベントだったし、
最近の若人に混ぜてもらうライヴとは、明らかに異質な
何かが凸ヤマの身体にのしかかりまして(^_^;)
この夜を境に、目眩やら何やらで体調がガタガタに崩れ、
回復するのに10日以上要した…(-_-;)


あ、イベントと全然関係ないけど
(;¬_¬)みんな糖質制限とか始めてて憎い。
それに引き換え、
一切気にせず炭水化物ON炭水化物上等!な上に
毎回凸ヤマにヲタク・グッズの貴重なお土産を持参してくれる
及ちゃん、大好きw可愛い(≧∇≦)b

タグ: ROSALIND ろざり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ