思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2017/6/19

4月23日ロザリンドの夕べ第六夜の3   ロザリンド戦記

遂に始まりました“ロザリンドの夕べ第六夜”。
実は此の日チェストにオープニングを頼んだのには、
奴等がイベントの成否を開幕と同時に決してくれるに
違いない、と云う確信と期待が込められて居りました。


クリックすると元のサイズで表示します

























果たして、期待通り。いや、遥かに想定を上回りました。
チェストの時点で『あ〜、今日のイベント成功だ〜良かった〜w』
って気持ちになれたから不思議。

『今このステージに立ってる、ってのは
 ちょっとしたオーディションに合格した気分で演ってますw』
ってDrum菅原氏のMCは、此の日の流れに上手くハマり、後に
続いた全バンドが同様のセリフを継承する、って流れも
素晴らしかったデス。
ロザリを持ち上げてくれた、って意味では無く、それは
みんながオープニングから、ちゃんとお互いを観てMCも聞いてた、
って証明であって。
2017年4月23日。盛岡WAVEに集った、実に幅広い
ジャンル、世代の演者やお客様が、明確にひとつの時間の流れを
共有し、楽しんだ証しに他ならないのデス。

イベント全体を繋ぐ線、って大事よw

ありがとう、チェスト!



チェスト効果は二番手ひみつきちにも見事波及。
そんなにタフなメンタルを持つバンドでは無いだけに、
チェストが創ってくれた会場の良い雰囲気に乗れた
効果は絶大。これまで彼女達を観て来た中で、
最高のパフォーマンスを観せてくれました。

流石“気持ち的に共同主催者”だぞw


クリックすると元のサイズで表示します

























わざわざ遠く浜松から来てくれたのに、
三番手に登場してもらっちゃったShapelesS
彼等を盛岡に呼ぶ最初の時点で、
『GENOMEとかDog-Magなら大丈夫なんだが、君達みたいな
 関西以南にしか存在しない系のミクスチャーは、盛岡では
 絶対ウケないけど、それでも来る(^_^;)?』
と脅かしてた凸ヤマなのですけれど…(-_-;)ウケちゃいましたねw
時代が変わったのか、若い世代の盛岡にはOKだったのか?

当人達も言ってたけれど、浜松で散々ロザリが一緒に
演って来た中には、ShapelesSがもっとキレッキレの
パフォーマンスを展開した日も確かに在ったけれど。
でも、初めて訪れた地としては、十二分にその魅力を
伝えたと思いますよ♪…(-_-;)ウケてたもんw

だってロザリなんか、浜松で…あんだけ行ってる浜松で、
まともなライヴ、ほとんど出来た試しが無いぜ?(^_^;)

な〜んて、さまざまな思いを錯綜させながら観てた
もんだから、凸ヤマったらShapelesSの写真だけ撮ってないしww

そしたら、ちゃんと姐さんが撮ってた!ありがてーw


クリックすると元のサイズで表示します
























続きます。

タグ: ROSALIND ろざり



2017/6/21  1:08

投稿者:凸ヤマ

ShapelesSも、とても大きなピースでしたのよ。
いやあ、今回のイベント、確かに完全に狙って
組んだパズルだったのですが、どのピースも
その想定以上の能力を発揮してくれちゃって、
当初の思惑を越えた大成功(自画自賛w)と
なっちゃいました(≧∇≦)お陰様〜♪

2017/6/20  20:10

投稿者:タイチロウ

素晴らしいイベントでしたー!お客様も出演者も皆さんあったかく迎えていただきありがとうございました!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ