思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2017/7/11

やったー♪ロング・ツアーだー!京都編の2  ロザリンド戦記

京都でも、ロザリは相も変わらず。いつも通り。
新曲も織り交ぜながら、
また自分達だけ楽しく演っちゃいましたw

このShotは、対バンだったTROUBADOURさんのスタッフを
なさってる、田仲寿美恵さんに撮って戴きました♪


クリックすると元のサイズで表示します



Openingを飾って下さったα-erialの皆様。
荘厳なSEと女性Key&Voさんのスペース・ファンタジー的な
ナレーションで、雰囲気一杯に始まったのに、トラブルで
演奏が開始出来ないアクシデント(≧∇≦)!

明日は我が身だ。我々も気を付けなくては('〜`;)

(^_^;)でも、ロザリはナンチャッテな感じで、決してシリアスじゃ
ないから、万一『スイマセン、もう一回演ります』の場合でも、
少し楽ですけどね〜♪(そんなんじゃ駄目だろw)


クリックすると元のサイズで表示します

























んでロザリが演らせて戴き、続いてはお馴染みうしみつどき
今回は、ロザリのスケジュールに無理に合わせて戴いた為、
ドラムがHelpさんでございました。すいませーん(≧∇≦)


クリックすると元のサイズで表示します



















素晴らしいサウンドで会場を魅了した、川路さんの
爆音ハモンドですが・・・お約束の様に、今回も見事壊れてましたw
ステージを終えた、川路さんの呟き。
『日本ハモンドの鍵盤はヤワだ…(-_-;)』

客席最前列には。川路さんの親衛隊が陣取り、
皆さんこぞって写真や動画を撮影する人気ぶりw
川路さん、愛されてます♪


クリックすると元のサイズで表示します

























翌月には、東京進出も決まって居たうしみつどきですので、
その後のfacebookでは川路さん必死のハモンド修理の模様や
スペア・オルガンの準備の様子等が綴られてましたね。

その東京公演の会場が吉祥寺Silver Elephantだと聞いて、
思わずテンション上がった凸ヤマでした。上京して
最初に出演させてもらった日本プログレの聖地♪
懐かしいな〜o(*゚∀゚*)o

サテ、お話は5月14日の京都Silver Wingsさんに戻り
まして。続いては東京からツアーで来られたと言う、
D-brothersさんの御二人。
なんと、9人編成サンタナか?と思われた機材の山は、
全てこの御二方だけのモノでした。ドラムさんと
パーカッションさんだけのDUO、と云う珍しい形態で…

いや、ロザリに“珍しい形態”とか
言われたく無いですよねw(^_^;)

な〜んと、名ドラマー・チャッキーのお友達だそうで。
業界狭いな〜(^_^;)

パーカッションの方が珍しい打楽器を紹介しながら叩く
コーナーが、子ども科学館とかのイベントみたいな
和やかな雰囲気でしたw


クリックすると元のサイズで表示します


























トリを締め括られたのは、地元京都のTROUBADOURさん。
凸ヤマ、もう携帯のバッテリーが死んでて
(うしみつどきさんの動画撮り過ぎたw)写真が無かったので、
冒頭ご紹介した田仲さんの撮影されたモノを無断転用w

田仲さん、ゴメンナサイ!いつも美味しそうなお菓子や
キッシュの写真、楽しみに拝見してま〜す( ゚∀゚)o彡°


クリックすると元のサイズで表示します























ベースの方がジョン・エントウィッスルみたいなスタイルで。
終演後、(ロザリを観てたら)『俺にBassを弾かせてくれ!と思ったよ』
と言って下さいました♪嬉しいな。

タグ: ROSALIND ろざり



2017/7/17  10:05

投稿者:凸ヤマ

物凄い達人のみに許される演目、って
気が致しますよね(^_^;)

全然話は違いますが、ロザリがいつも沖縄
&関西でお世話になるマサちゃんはドラマーで、
Playもルックスもアレックス・アクーニャさんに
似てるんですよw

2017/7/17  7:44

投稿者:ベーシスト猫坂

ドラムとパーカッションのDUOの方も面白そうですね。
70年代のウエザーリポート名盤「Heavy Weather]のドラム&パーカッションduo曲の「ルンバママ」を思いだいますね。
名手アレックスアクーニャとバドレナのコンビは
強力すぎてジャコに負けず劣らないインパクトでした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ