思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2017/7/17

RAYMOND LOUIS KENNEDYの巻  70年代HARD ROCK奇譚

久々に珍品を手に入れたゾw
『RAYMOND LOUIS KENNEDY』
レイ・ケネディさんですよ。・・・え?ご存じない?
(写真クリックで密林飛んじゃいまっせ)



KGBってバンドでマイク・ブルームフィールドさんや
カーマイン・アピス氏と演ってた…。事務所かレーベル
主導で、無理やりマイケル・シェンカーのVocalとして
来日なさったコトも在った様な。でも、日本では八神さんの
『パープルタウン』の前半部がレイさんの曲と酷似してる、
ってな話題でご存知の方がほとんどか?


初期にこんなソロ・アルバムが在ったんですな。
( ゚Д゚)全然知らなかったw
内容ですが、予想外にスワンプ色が強いというか、
結構レイドバックしてます。驚いたことに、ほぼ全曲で
キーボードを担当してるのが、我等がデュアン・
ヒッチングス大師匠な模様!(表記がDwayne Hitchingsに
 なってますけど、間違いございますまい)
儲けた!得した!( ゚∀゚)o彡°1曲だけギターで、凸ヤマ心の
リード・ギター師範、CACTUSジム・マッカーティ名人も
参加されてますので、ヒッチングスさんとマッカーティさん
繋がりを時代的に辿れば、バディ・マイルス・エクスプレス
人脈、ってコトになりますかね?

凸ヤマが一番好きな氏の作品、KGBの2ndアルバムに
関しては、以前に拙ブログで書いてますので、是非
そちらでw
http://white.ap.teacup.com/yama-rosali/1418.html#readmore



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ