思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2018/3/12

2017長月9月の記9  ロザリンド戦記

…(-_-;)昨年日記が越年しちまったどころか、
早くも新しい年が三ヶ月も経過しちまったい!w
(屮゚Д゚)屮赦してくれ!新アルバムのRECしてたんだ!
沖縄や南九州にも行ってたんだ!生きて行くだけで
精一杯だったんだよ!

・・・てなワケで2017年9月17日(日)。
若干の台風余波も吹き飛ばし、
浜松Mescalin DriveではShady Glimpseベスト・アルバム
レコ発総仕上げ4Daysが開催されまくってました。

一応、イベントの全体図はこんなカンジw

クリックすると元のサイズで表示します



ま、イベント初日は盛岡からの移動。
二日目は静岡SUNASHさんで俺達もライヴさせて
もらってたから、当然遊びには行けず。

でも翌日、結果として中止になった磐田のLOCAL JAMは
お昼の開催予定だったので、予定通り行なわれてたにしても、
その晩17日の第三夜からは、バッチリ観戦参加する
つもりだったのデス。

んで、ソコには既に前月、吉祥寺に小平君が現れたコトで
伏線が張られて居た、“十数年振りのCASBAHとの再会”
と云うロザリ的大イベントががが!


クリックすると元のサイズで表示します











































絶世の好漢?羽鳥タカさん!お久しぶりでした(≧∇≦)!

前にも書いたけれど、ロザリは他のバンドさんにツアーに
連れ歩いてもらう、って経験が意外と少なくて。
皆様ご存知の通り、Pulling Teethが一番アチコチお世話してくれて、
初めての地域に連れてってもらったりしたのだけれど。
それ以前のロザリ結成直後、初めてツアー帯同して下さったのが
CASBAHだったのよね。
(まあ、他にはKEMURIとの外での単発共演が在るぐらいで、
 ほとんど例が無いですがwあんまし可愛がられて無いねw(^_^;))


クリックすると元のサイズで表示します











































まあ、何せCASBAHは2000年から暫く活動休止しちゃってたから、
単にスレ違ったり共演機会が無くて、ってのとは違った
べらぼうな“逢えない年数”が空いてしまってたのですが。

もうタカさんったら全然お変わり無いww
ギターの亮さんは、当時より随分スリムになってらしたけれど。


クリックすると元のサイズで表示します











































で、超久々に拝見したCASBAHは・・・( ̄□ ̄;)!!壮絶。
Doomのベーシストとして、今をときめく小平くんが弾いてた
時代のCASBAHしか知らない我々には、オリジナル・メンバー
三谷さんのBass初体験だったのですが。
( ゚Д゚)凄エ。こんな凄いベーシストなら、ロザリにも
欲しいw(だるまさんと異口同音にそう言っちゃってました)
若いドラマー君も凄腕だったなあ♪
タカさん、亮さんの復帰後が充実してて、ホント良かった♪
とっても嬉しい再会でした。

こんな素敵な機会をくれたShady Glimpseに感謝だ。

タグ: ROSALIND ろざり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ