思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2018/4/13

お正月恒例沖縄ライヴ2018の3   ロザリンド戦記

サテ、ライヴ開始でございます♪
今年は去年、一昨年と続いた様な大寒波も来ておらずw
素敵なフライヤーも創って戴いて。


クリックすると元のサイズで表示します



トップ・バッターはThe TeppenisTさん。
ストリングス隊がメインの変わった編成。ELOみたい♪
オトナ向けの落ち着いた音楽性。
クラシック畑の皆様で、エンタメとして上質でしたし、
フルメンバーでのライヴはとても稀だ、と御本人達も
MCで仰ってました。
ですが、ライヴが何年かに一度、とかの皆様に多いのですが、
稀有な機会だけに自分達の中で大事になさり過ぎ?て、
ソロ・リサイタルになっちゃう、ってケースに見事に
ハマっちゃってました。

自分達の本番終わる〜花束とか持って集まった
ご友人達と、そのまま単独打上げ会へ去る、
って展開ですね(^_^;)

彼女達が思って居られるほど、メタルやラウドな
音楽を演ってる皆さんは狭量ではなくて。
クラシックなストリングスでも十分楽しみますし、
交流も広げたい、とほとんどの連中は思ってます。
そこをソロ・リサイタルにしちゃうのは、
チョイト勿体無いかなあ、と感じました。
まあ、活動に充足してらっしゃるのであれば、
余計なお世話ですけれど(^_^;)

なんだか此の日は携帯カメラの設定がバグってて、
会場でのライヴ写真がブレブレのピンボケだらけw
ご容赦m(_ _)m


クリックすると元のサイズで表示します

























二番手に早くも主催の千英ちゃん登場。
以前御一緒した際は、上海愛人(シャンハイ・ラマン)って
バンドを演ってた千英ちゃんですが、今回は
上海ソリッドと云う
名称のユニットでした。

山城さんのバーサタイルに幅広いギターPlayと、
ドラマーさんのボーナム式ベードラが光ります。
なんせ、千英ちゃんは歌が上手い!まさに
歌姫、しかも凄いパワー♪


クリックすると元のサイズで表示します

























続いてはmellow doux doux。ガールズ・バンドで、
椎名林檎さんのカバー、と仰るので、
林檎さんアレルギーの凸ヤマは、正直
('〜`;) え〜…と思ってたのですが。
いざ始まったら『次はオリジナル曲です』ってナンバーが
素晴らしい♪( ゚Д゚)え!?全然オリジナルの方が良くね?
リズム隊の演奏力、切れ味が抜群なので、
アレンジ担当のキーボードさんの才覚が光ります。
(多分の絶対、キーボードさんが編曲してると断定w)
終演後、スグ言っちゃった。
『オリジナル演られた方が、絶対良いと思います♪』
とても音楽教養の高いplayをなさってた
ドラマーさんは、以前からロザリをご存知で
ご贔屓にして戴いて居る由♪嬉しい。次回は
全曲オリジナルで御一緒しましょ!
(写真ブレてて、ゴメンなさい!(≧∇≦))


クリックすると元のサイズで表示します

























4番手は、赤のイメージ・カラーでステージ上が
見事に統一されてました、スクガラスさん。
此処まで来て、ようやく今日はガールズ・イベント
だったんだな、と気が付いた凸ヤマw
(;¬_¬)ロザリだけ女子が居ないが大丈夫なのか?


クリックすると元のサイズで表示します

























続きますw

タグ: ROSALIND ろざり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ