思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2018/4/15

お正月恒例沖縄ライヴ2018の4   ロザリンド戦記

2018年1月13日宜野湾Human Stage
いよいよ、初見のハラキリゾンビ登壇!

第一、リハから驚いたwえ?Vocalって
ILLUMINATIのK-9君なの??wマジで?
しかもBass女の子?おまけにドラマーは
以前、毎回共演してた若手バンドのメンバー?


クリックすると元のサイズで表示します

























凄いサウンドだった。恐ろしいメンバーだった。
K-9君凄いのは、まあ当たり前として。
やっぱりマサ一撃が選んで来るリズム隊は、半端ない。
ドラマー君、凄い抑制とタメの効いたアクションも
含め、超絶良いアピールでした。素晴らしい。

スラッジだか何だか、METAL流派の区分は
全然解らない凸ヤマだが、やっぱりマサ一撃の
ギターは風格が桁違い。殺られるw
鉄カブトとは違う作風の曲でも、
やっぱりキャッチーだしチャーミングだし、
我々の琴線を掻きむしる♪素敵すぎる!嬉しいw



ガッツリ刺激をもらって、やや呆気に取られましたが、
どうにか奮い立ってロザリもガンバリましたw

去年よりは、随分良かった気がするのだけれど(^_^;)

ハラキリゾンビ効果で大奮戦し過ぎて燃え尽き、
得意のアンコール拒絶も出ちゃいましたw

ロザリの出来については、後にマサ一撃がブログで
誉めてくれてたので、それをご参照頂こうかw
ありがたやw

Anebaブログ
『マサ一撃のブログ ICHGEKI METAL WORKS』
2018−2−6“近況報告”より勝手に抜粋w
(リンクhttps://ameblo.jp/ichigeki-metal-works/entry-12350604234.html

まず1月13日、宜野湾市HUMAN STAGEで
岩手からROSALINDを迎えてのイベントに
HARAKIRI ZOMBIEで出演しました。

今年1本目のライブです。

この日はHARAKIRI ZONBIEのこれまでのライブの中でも
ベストな出来だったと思います。
ライブハウスの音響環境も良く、
バンド自身もバランスが取れていて、
終始心地よい爆音の中演奏できました。

デカくてちょっと怖くて、
でも温かみもあって身を委ねてしまえる音、
それがハラキリの理想の音です。

また、ROSALINDさんもこれまで見た中で
最高と思えるステージ内容で、長い付き合いでも、
まだまだお互い伸び代は読めないもんだなあ、と思いました。

なんていうのか、、、「オープンマインドの筋が通ってる」
とでも言うのか、、、うまく言えません。笑

これからも良いおつきあいをしていきたいです



ありがとう、マサ一撃〜♪またスグ何処かで観たい!


クリックすると元のサイズで表示します











































んで、昨年は諸事情でライヴを観て戴けなかった
コクボさんにも、バッチリ観て戴けました!


クリックすると元のサイズで表示します
























とっても良い環境のライヴ!
山田オーナー、千英ちゃん、マサ一撃、沖縄の皆様
本当にありがとうm(_ _)m

あ、写真撮れなかったけれど、
地獄車&ILLUMINATIでお馴染み、りょ〜じんさんも
応援に来てくれました♪
(下條くん&我那覇くんには、また今度逢えるでしょう♪)

ハラキリゾンビのドラマー君や、更にギタリストも一人、
(…(-_-;)昔のバンド名、スナフキン?スナフキン
 だっけか??)mellow doux douxの凄腕ドラマー子ちゃん、
言ったら千英ちゃんも、何年も沖縄通ってる歴史の中で、
以前からロザリを認知してくれてて、喜んで共演を
買って出てくれた、ってベテラン勢プラス若人達が
居てくれた喜びは、とても一言では語りつくせません。

みんな敬老精神で、今後もロザリをヨロシクね♪

たーがしーじゃが?ダネッ!(o°▽°)o
(↑使い方のニュアンス、思い切り間違ってマス(^_^;)
  護得久栄昇先生から覚えたw)


素敵なライヴが終わったら、もうひとつのお楽しみ!
Human Stageは打上げのお料理が凄いサー♪


クリックすると元のサイズで表示します











































此処まで本格的で美味しい打上げお料理が
出て来る小屋って、ロザリの知識範疇では
全国でも鹿児島Speed Kingさんと、此処
宜野湾Human Stageさんが双璧か、と。
(近年行けてないけれど、青森の
  クオーターさんも美味しかったよね♪)

ホテルのビュッフェも顔負け!だるまさんの盛り付け例 ↓


クリックすると元のサイズで表示します











































打上げでの1枚。此の日の共演は叶わなかったものの、
応援に駆け付けてくれた鉄カブト・コウヅマンと、
毎年ロザリを観て下さってるお友達。
最高の環境のPA&照明に加え、絶品のお料理
(特にローストポーク凄かったデス(≧∇≦)b)
まで提供して下さる山田オーナーと♪


クリックすると元のサイズで表示します

























コウヅマンとお友達から、凄く参考になる
沖縄の皆さんの“生の声”が聞けて、非常に有意義。
マスコミ通したニュースや新聞だけ観てても、
内地の人間には絶対ワカランことだらけですな、と痛感。

諸々引っ括めて、
にふぇーでーびる!デスよw

タグ: ROSALIND ろざり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ