娘サイコー!!!

姉妹育児の記録です(^3^)☆
(「記事カテゴリ」からの観覧をオススメします)

 

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:平瀬由佳
>とてもさん

コメントどうもありがとうございます!!
何の力もありませんが、こういった事が起こりうるという事をお伝えできたら、そこには意味があると信じています。
ですから、とてもさんのコメントが大変嬉しかったです。
色々な事を知った上で、色々な事を前向きに考えていきたいと思っています☆★
投稿者:とても
色々考えさせられました。
これはとても勇気のある発言だと思うし、そして意味のある発言だと思います。

何日か前にこれを読んだ時はコメントをどう書いていいか分からなかったのですが、今日改めてコメントしました。
投稿者:平瀬由佳
>菓子折りさん

菓子折りさん!!!!!
(@^O^@)/☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
お久しぶり〜〜〜!!!!!!!!!!!!!
菓子折りさんこそ元気にしてたかしら?

菓子折りさんの言うとおり、経験すると
色々知ったり考えたり出来るよね。
悪い経験をしてしまっても、そこからどうすれば
良いかを考える事が出来るものね。

これからも色々経験したり考えたりして、
心の充実した生活が出来る様にしていきたいと思っているよ。

では、また会える日を楽しみにしているよ〜〜!!
投稿者:平瀬由佳
>ハルママさん

コメントありがとうございます!!!!!
3歳のお嬢さんがいるんですね☆★
可愛いでしょうね〜〜〜〜〜(@´∀`@)
そして、ハルママさんは大変忙しい日々を送って
いるのでしょうね!お疲れさまです!!
確かにニュースを見て色々思う事ってありますよね

日本もそうだけれど、海外でも同じ事が言える国も
多いみたいですね。

>世界で一番可愛いわが子の為に、
>親は勉強しなくちゃですね。

素晴らしいですね。私も将来そう言いたいです。
投稿者:菓子折り
由佳ちゃん!滅茶苦茶お久しぶりです。元気に活躍されているのは何より嬉しいです。

由佳ちゃん、当時の出来事を素直な感性で捉えていたんですね。しかしこういうことを発信できるようになったことは、由佳ちゃんが大きく成長したということに相違ありません。
全ての経験は、人生のどこかで必ず約に立つ時が訪れます。良い経験もそうでない経験も必ず自身の糧になります。
由佳ちゃんの経験を活かし、由佳ちゃんの仕事を活かし、多くの人を幸せに導いてあげてください。(ヨーヨーEの不思議な進行だって見ているとホンワカな気持ちになったりしますしね。Hi!)

由佳ちゃんの真摯な感受性の豊かな心は、由佳ちゃんや、周りのみ〜んなの宝です。大きく輝かせてください。
シャカリキの躍進も、由佳ちゃんの心の波動が大きく働いた結果だと感じています。

最近お会いしていませんが、そのうちまたお会いしましょう。ゆっくりいろいろな事を話して時を過ごしたいものですね。
投稿者:ハルママ
こんにちは!たまにお邪魔してます。
料理とかお仕事とか、楽しく見させて貰ってます。
私は3才女の子のママです。
あまり教育とか深く考えないままに出産したので、てんてこ舞いの毎日を送っています。
でも最近のニュースとか見て、子供の安全とか親の責任とか色々考えるようになりました。
うちは核家族だし、正直今している子育てが正しいのか分かりません。
娘も喋るようになって、これからは可愛がってるだけじゃなくて、教える事は教えなきゃとか思います。
由佳さんの体験を見てちょっと驚きました。
あと、コメントしてみえる方の意見を見て、結構いっぱいそういう事があるんだと思ったら私も娘の為に色々知りたいなと思いました。
世界で一番可愛いわが子の為に、親は勉強しなくちゃですね。
ではまた来ます。
投稿者:平瀬由佳
>アオイさん

コメントありがとうございます!!
アオイさんの先生も、アメリカ批判をしていたんですね!
私も今まで教えて貰った先生の中にも2名、授業中に
よくアメリカ批判をしていた方がいました。
思想の傾向なのかな?

セクハラ先生、困りますね〜〜〜(=_=;)
私のいた高校の某教師は、女子更衣室に
隠しカメラを設置して着替えの様子を
24時間ネットで生中継して捕まりました。
(私もその部屋で着替えしていました。。。)
でも名前も伏せられたままだし、
遠くで先生を続けているそうです。

性癖は繰り返すから、名前と写真の公開と、
免許の剥奪はして欲しいですね。

「たかが子ども」
確かに日本にはそういう考え方があると思います。
しかし、子どもは大人になります。
人格を形成するのは子ども時代です。
教育に力を入れる=心の豊かな大人が増える
ですよね。
投稿者:平瀬由佳
>夢酔藤山さん

コメントありがとう〜〜〜!!!
夢酔藤山さんは良い先生と巡り会っていたのだね〜☆
素晴らしい!!!!!!!(@´∀`@)
しかし、中学は何だか大変そうだね〜〜〜っっ。
魔の「腐ったミカン世代」の中学校って、
とても大変だったって聞いた事があるのだけれど…。
私のいた中学も大昔に非常に良くない時期があったらしいのだけれど(強姦・殺人・窃盗などと聞いています)、その後に校長が変わって根本から教育方針を見直してくれたお陰で、私が中学に進んだ頃にはとても良い先生が多かったよ!
私も中学で先生に恵まれたので、その後に立ち直る事ができたのだろうな〜。

しかし感心するのは、その中学を改善したという校長なのだよね。
校長が変わっただけで、学校の教育方針を変え、先生全体の教育方針を変え、教育を見直す事ができるだなんて、本当に凄いと思う。
やっぱり真剣に教育を勉強している先生もいるのだな〜って思うよ。
その校長がいてくれなかったら、更に多くの子が
変な教育を受けていたんだろうね〜。
投稿者:平瀬由佳
>きゅーぴーちゃん

コメントありがとう!!
きゅーぴーちゃんはずっと前に、
「学生の時は色々大変だった。」
って言っていたものね。
詳しい事までは知らなかったけれど、
そんな事があったのだね〜〜〜。
決めつけて叱ると何の解決にもならないし、
そして一方的に叱られた子は納得出来ないものね。
きゅーぴーちゃんが言うように、
みんなに感情があるものね。
「おもいやり」って、その言葉だけを言っても
子はそれを体感すのが難しいかも。
それをどういう事か知ってもらう為には、
喧嘩はとても良い環境だと思うよ。

子が喧嘩をしている場合の大人の役割は、
両方の子の意見を述べてもらい、お互いの気持ちを
子に知ってもらい、考えてもらうという事みたいだね。

例)A君とB君が幼稚園のオモチャを巡ってポカス
  カ喧嘩をしている。
大人「どうしたの?どうして喧嘩しているの?」
A君「僕のオモチャをB君がとりあげた。」
大人「B君はどうしてオモチャをとりあげたの?」
B君「僕もオモチャで遊びたかったから。」
大人「へ〜、B君はオモチャで遊びたかったんだね
   。B君はA君にその気持ちを伝えた?」
B君「伝えたけれど貸してくれなかった。」
大人「A君は何で貸さなかったの?」
A君「僕もオモチャで遊びたかったから。」
大人「そうか〜、A君もオモチャで遊びたかったん
   だね。こういう時は、どうしたらいいんだろ
   う。」
A君・B君「う〜ん。。。」

こういう流れに持って行くと、子は相手の気持ちを想像し、解決策を考えるように育つと考えられるのだね。
一方的にどちらかを叱るというのは、
納得いかない気持ちを育てるだけだと思う。

きゅーぴーちゃん、体験を話してくれてありがとう!!
私もきゅーぴーちゃんの話を聞いて、あれこれ考える事ができるよ!!(@>w<@)☆★
投稿者:アオイ
こんにちは。アオイと申します。
中学の時の社会の先生がアメリカ批判ばっかしてました。あと先生が生徒にセクハラありました。
いい先生もたくさんいるけど、変人も先生になれるのは何でですかね。
セクハラ先生は別の学校へ飛ばされたけど、まだ先生してます。
問題起こした後にも先生を続けてるなんて日本の学校は変だと思います。
「たかが子供」って思ってるのかな。
1|2

プロフィール


平瀬 由佳(1978.3.6〜)

平瀬は旧姓です。
主人「お餅様」
長女「栞里 (しおり)」
次女「早苗 (さなえ)」
愛猫「金太郎」


にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ




 ●平瀬由佳オフィシャルサイト

 ●プロフィール

 ●出演情報 >>一覧はこちらから<<

 ●2000年からの毎日日記

 ●所属 劇団ザ・シャカリキ

 ●所属 ヨ−!ヨ−!E
 (劇団ザ・シャカリキ女子部)

 ●所属 巣山プロダクション(育休中)

QRコード

絵本

平瀬由佳作えほん無料公開中♪


「人魚の虹」1995作


「お父さんとパパ」1995作


「初恋」1995作
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ