2016/4/8

最強のペペロンチーノの作り方。  

去年の9月ぐらいだったか、、(今、見たら9月20日からでした。)
ある「一つのメニュー」を、ひたすら作り続けている。

「コレは美味いな。絶品だわ。」
「もういっぺん食べたいから、また作ってくれ!」

そんな思いで何度も試行錯誤し、来る日も来る日も(半年以上)これを作り続けてきた。


じつは、今から2ヶ月程前に「ほぼコレで行けるかな?」という具合には仕上がっていたが、
この2ヶ月間は最後の仕上げで悩んでいて、なかなか決定できずにここまできてしまい、、


この度、やっと完成しました。「最高に美味いペペロンチーノ。」


一人暮らしが長いので、もちろん食べたいものは自分が作るしかないのですが、
かつてここまで、毎日毎日同じものを作り続けた事なんか、、もちろん無い。




起きたらまず、ペペロンチーノを作る日々。
作っては食べ、反省し、今日の出来をノートに書き、寝る前にはもう明日のやり方を模索する。
夢にまで見ることもしばしばだった。


その後、これを食べ続けた結果、開始4ヶ月後には身体が拒否反応をし、
乾燥肌でも無かった俺が、ニンニクの取り過ぎによる体の痒みを訴え、
(何でも過剰摂取はイカンね)

医者からは、
「あなた、ニンニクの取り過ぎです、身体に熱を持っている。暫くニンニクはやめなさい」
と言われる始末。。


もともとパスタは好きな方ではあったけど、食べるのは大体トマト系だったりする俺が、
「何故、ペペロンチーノなのか?」という疑問が湧いてくるが。
あの時は何故か、ペペロンチーノだった、、としか言いようが無い。

今から「半年も前の自分の思い」なんぞは、もう考えてみたところで分かり兼ねないし、
ましてや、それを考えたところでナンセンスなのである。


パスタの中で一番シンプル、かつ難しいと言われるペペロンチーノは、
「オイルソース系のパスタ」であり、オリーブオイルとニンニク、トウガラシだけの最もシンプルな料理。

もちろん最初はそれだけでやってみたが、自分の好きなベーコンをどうしても入れたくなり、
その頃に、幼なじみに「ベーコンで味付けしたらズルやん!」と突っ込まれたが、、

実は、やっているうちに、ペペロンチーノは「ベーコンでは、味はさほど付かない」事が判明。

ベーコンはグルタミン酸なので塩気もコクもあるだろう。
さぞかし味付けに干渉するかと思ったら、そうでもないのだ。

具として、そこにあるだけである。



美味いペペロンチーノの条件として、

1.麺は「どこ」の「何」を使用するか。
2.オリーブオイル(ソース用と仕上げ用)は、、それぞれ何を使うのか。
3.茹でる時の塩、乳化させる時の微調整の塩は「岩塩」か、、にがりを含んだ「海水塩」か。
4.具材(ニンニク、鷹の爪、ベーコン)は、、どうするのか。

これらのチョイスと、調理する際のそれぞれのタイミングである。


俺が美味いと思うペペロンチーノに適した材料を探すのは、容易な事ではなかった。
半年もかかってしまったというのは、こーゆーことなのです。

さらに、途中から調理器具の変更があったり。(アルミフライパンを購入)

とりあえず、今できる限りでの最高のレシピが完成した。
(実を言えば最近、麺打ち機を導入したので、今後もまだ続くわけだが。。)


これまで、知人6人と料理上手なウチの母(調理師の免許あり)に食べてもらい、
「美味しい」の一言を頂きました。



そりゃもう、最初の頃はひどかった。
開始から12日目... とんでもない勘違いに気付く。

そもそもエキストラバージンオイルはサラダなどにかけて食すもの。
火を通すと苦味が出てしまうことさえ知らなかったし、、

さらに調べて行くと、オリーブオイル(ピュアオリーブオイル/エキストラバージンオイル)は
一般的に売られてるものに、じつは純粋なものが少ない、、など。


開始から3週間目、さらに気づいたこと。。
それまで買ってたニンニクは国産(青森産)だった。スーパーで298円ぐらい。
しかし、色々やってみてたどり着いたのは、、スペイン産だった。


そして、ペペロンチーノにおける、このニンニクの意味。
ニンニクは基本として「具材」ではない。
オイルに「香りを移すためにある」ということを知る。


もし、具材として扱うならば、
「みじん切りではなく輪切りにすれば良い」と聞けば、それも試した。

鷹の爪は、種を取って二つ切りか?輪切りにするか?
入れるタイミングも悩んだ。

オイルの量も然りだが、ソースを乳化させるための「茹で汁の量」も散々試してみた。
最後の香り付けに使う、エキストラバージンオイル(コレがかなり大事)のチョイスはどうするか?



半年かけて完成した「俺特製 ペペロンチーノ。」
次回、レシピを公開します。





クリックすると元のサイズで表示します
6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ