2007/1/28

DD51  模型

こんばんは
クリックすると元のサイズで表示します
本日のパーツ付けKATOのDD51暖地形です。
USAナックルカプラー取り付け、あとは付属のパーツ付け。
ナンバーは1176番をチョイス後藤の車番、今は無き出雲のカンバン。

あー貸しレイアウトへ行きてー。
1
タグ: 模型



2009/1/18  4:35

投稿者:ブーケフレグランス

KATOの、DD51形1000番台・後期 暖地形の模型写真ですね、上手に、撮影されていていますよ、模型命さん、気に入りました。

ぼくも、KATOの、DD51形1000番台・後期 暖地形液体式ディーゼル機関車の模型を、所有しています。

いずれも、フライホイール動力ユニットとDCCフレンドリーとした、新仕様(リニューアル製品)と、なっています。

2005年11月18日に、ラクセーヌ1階の、はしもとやで、新仕様にリニューアルされた、DD51形1000番台を、購入したのをはじめ、2006年3月24日と、12月25日の2回、ホビーセンターカトー大阪で、DD51形1000番台・後期 暖地形を、各1両ずつ、2両を購入しており、現在は、3両を所有しています。

ナンバーは、1177号機・1192号機・1183号機と、北近畿に、ゆかりの深いナンバーにしました。

実車は、いずれも、DD54形ディーゼル機関車、および、DF50形電気式ディーゼル機関車の、取り換え用として、昭和51年(1976年)に、三菱重工業で製造され、福知山機関区(現・JR西日本・福知山電車区)に新製配置され、おもに、山陰本線・京都口・福知山以西(愛称・嵯峨野線・山陰海岸ジオパーク線)・福知山線(愛称・JR宝塚線)・播但線(姫路〜福崎〜寺前〜和田山間)などで、旅客・貨物輸送に、従事して活躍したものです。

同じ、KATOから、発売されている、スハ43系旧形客車(ブルー・新仕様・DCCフレンドリー)と連結して、走らせてみれば、フライホイール動力ユニットの動きと、電球色LED(高輝度)の輝きも相俟って、素晴らしい走りと、スローな効きぷりが、素晴らしく動いていますよ。

http://myhome.cururu.jp/airsmapire/blog

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ