2005/10/1

焼酎  お酒

去年あたりから焼酎にハマってて、秋も深まってゆけば夏のビールから必然と焼酎に切り替わるのです。
秋の楽しみと言えばこの焼酎ですな。
中でもやはり芋でしょうか。あの何とも言えないおイモさんの深みのある味わい。
お酒飲めない人は人生の半分損してると本気で思うよ。

今日は私の焼酎コレクションでも。

クリックすると元のサイズで表示します 黒麹造り「海童」
ちょっとクセはあるが、そこが芋ならでは。 スモークチーズの味がすると俺は思う。

クリックすると元のサイズで表示します 「一刻者」(いっこもん)
近所の焼酎屋「東京コケコッコ本舗」で飲んで以来、俺の中ではスタンダードになっている。

クリックすると元のサイズで表示します かめ壷 熟成「半ぴどん」
とあるカナダ人のドラマーにラディックのスネアをプレゼントしたお礼に貰いました。
三十五度という少し高めなアルコール度数ですが、これもまたイモイモしてます。

クリックすると元のサイズで表示します 薩摩 恵比寿堂「新羅」
ドラム教室の生徒の実家が川崎で焼肉屋さんをやってて、その店のオリジナル焼酎です。ここの焼肉はすんげー旨い!ハラミが最高です!(カルビも)肉の大きさが半端ではなく、マジでこんな旨い焼肉食った事ないです。俺が自信を持ってお勧め!もし食べたくなった焼肉好きな人が居れば御一報下さい。場所を教えます。

クリックすると元のサイズで表示します 薩摩「古秘」
ちょっと臭いかも。ラム肉のような匂いが、、そんなところも芋焼酎は深い。

クリックすると元のサイズで表示します 「百年の孤独」
これだけは芋じゃなくて麦です。いとこのお姉さん、はっちゃんに貰った。なかなか手に入らない焼酎です。
飲んでみてビックリ!!さすが希少価値なだけあって、すごく美味しかった。

この秋、、是非、皆さんも焼酎を堪能あれ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ