2011/4/22

自分のせいで  災難

先日、こんな記事を読んだ。

.................................................................................................................................

『被災地の小学生の中に「津波が来たのはボクのせいだ」と真剣に考え込む子供が居るそうです。
それは子供ながらに「人間の連帯責任」を感じているようなんですよ。』
.................................................................................................................................

なんじゃそりゃ?

最初はそう思ったんですが、その後でおいら、何だかそれがモノスゴク腑に落ちてしまったのだ。


続けてその記事より。
.................................................................................................................................

『人は、経験を重ね、成人すると自我(自己主張)の固まりになり、自分以外の人は他人だと認識するようになるが、自我がさほどまだ無い、いわゆる「他人との垣根が薄い幼少期」は、心に内在している人類に共通する「神様」という存在に近いのか、良い意味での「全体責任」みたいなものを感じている。これはお年寄りにも見られる。年を取って「自我」が薄まった老人の方にも、悲惨な状況を自分の事のように心を痛める人が多い。他人の不幸が自分の事のようにさえ感じられる。』
.................................................................................................................................

うーん、、これを読んで思い出したことがあるんよね。

これは自分がまだ幼少の頃の記憶なんですが、その頃おいらは自分が生きてる(動いてる)意味が分からず、

単純に自分の心臓が動いてるシステム=「動力源」がドコにあり、何でコレが規則的に動いてるのかを疑問に思い、

不思議で仕方なかったのです。よくうちのお母ちゃんに、事あるごとに「俺うまれてから、ずうっと生きとる』

とか「まだ死んだ事ないねんて。一回も心臓止まらんてすごくない?」とか、「いつ止まるんやろ?」とか、

今思えば、そんなヘンな事をしょっちゅう言ってた気がする。

するとお母ちゃんが、「あったりまえやわ!あんた、心臓止まってどーする。そんなんバラやわ!」

*バラとは、石川弁で『台無し』の意味。(関西でいうとこの、わやの意。)

もう七年もの間、ほんの一度も心臓が止まってないことが、奇跡だと本気で思ってた頃がある。

また、地元のデパートでエスカレーターの非常停止ボタンを押したら、この世の中はどうなるのかと思い、

迷った挙げ句 押してみたら、エスカレーターに乗ってたおばちゃん達が怒って店員が怒られてしまった。

すると、自分のせいで皆が迷惑(当たり前、お前が押すからやろ!)してる様子を見て、大変な事をしてしまった、

この世はもうおしまいだ!と泣きそうになったことがある。


今はもうこのコンクリートジャングル(死語やろ!)の中で、真っ黒に汚れてしまってるおいらだが、

あの頃、自分の身に起きた事は、社会全体の問題だ、と思ってた気がするのだ。

だからこの記事を読んで、ピュアだった時の自分を思い出したのだ。


みんな思い出してみて下さい。そんな事なかったですか? おいらだけなんかな?

小学生の頃って、いらいらした?


田舎モンやったんかも知れんが、おいらは東京に来るまでは、気の知れた家族に対しては腹を立てたりしたけど、

他人に対してはあんまりイライラしなかった気がする。謙虚であることが、警めや美学ですらも無かったような。。


そんな素敵な時代が、これから来ると思います。


クリックすると元のサイズで表示します うちにいる

こいつらの動力源は赤虫です。(冷凍赤虫)

クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/4/10

仙台大観音  災難

仙台に居る友人のタラちゃんから、復旧が進んでいた街も 一昨日の余震でまた 1からスタートとのメールが。

タラちゃんというのは、おいらのアニキ的な存在であり、ずっと尊敬してるミュージシャンです。

これまで数々のアーティストのアレンジや作曲やプロデュースをし、ボーカリストであり、ギタリストでもあり、

あの頃、甘ちゃんで、ひ弱だったおいらに「喝」を入れてくれた人です。

何年か前に実家の仙台に帰っちゃったけど、おいらが30代の頃は沢山の仕事でご一緒させて貰いました。


2年前の冬のこと。

巨大建造物フェチのおいらは仙台の中山という所にある「120mの大観音」を見に行き、タラちゃんと久々に再会。

日本酒と海の幸を堪能して泥酔したおいらは、宿がある松島海岸の駅を2駅も乗り過ごし(最終電車だった!)

しかも降りた駅は夜中の無人駅だったのに、運良くタクシーが通りかかって、なんとか宿に辿り着けたのでした。

今回の地震でまずおいらが思い浮かべたのがタラちゃん、そして、、あの美しかった松島の風景でした。

その松島の海岸は、今回の震災では津波の被害も無く、まるでココを避けたように大丈夫だったらしいです。


松島には神がおるよ。


クリックすると元のサイズで表示します 仙台大観音。

でけえよ!でもだいじょぶ。倒れてないらしいよ。
6

2011/4/6

計画停電  災難

あれから、一ヶ月が経とうとしてます。

ほとんどの人がそうだと思うけど、体がずっと揺れ続けてて、なんだか「軸」が体の中心からズレてる気がする。

まだ安心は出来ませんが、余震の回数はだいぶ減って来ました。 といいつつも、、

このところの震源地が千葉や茨城が多い気がするけど、、だいじょぶか東京!?

最近は黄砂が飛んでて、うちのベランダは砂でザラザラ。もちろん放射能飛来の可能性もあるうえに、

ついに、今年おいらは今年花粉症デビューをしてしまったので、最近はもっぱら洗濯物は部屋干しです。


計画停電、、難しい問題なんだろうな。おいらなんかは「停電回避」のお知らせが来ると肩透かしをくらう。

おいおい、もっと停電せぇよ!被災者の人たちに電気廻してくれよ!って思うのだが。

電気というのは貯蓄が出来ないらしく、節約した分を被災地に送れるわけでもないらしい。

東京が停電になると日本の経済が振るわなくなって(西日本が頑張ってくれてても)なかなか厄介な問題なのかも。

今回の震災で、電気の有り難さについて嫌でも考えるようになった。夜になると東京の街はかなり暗い。

店も節電の為に営業時間を短縮、営業してるお店も店内は明るいけど、上の看板のネオンは消えている。


東京は今まで明るすぎたと思うよ。

おいらはレコーディングやライブツアーの仕事で、これまで何度か海外に行く機会があったんですが、

ロンドンの繁華街は、夜になると今の東京ぐらいの明るさでした。(あの時は正直、暗いなぁと思ったけど)

ラスベガスに行った時も、もちろんホテルの看板やカジノこそ明るかったけど、一歩 通りを外れると本当に

今の東京ぐらいの感じ。もうこれを今後の標準にしたらいいんじゃないかと思うわ。マジで。

今は東京の街全体がこんな感じなので、たとえ看板の電気が消えてても、牛丼を食べに来る人はちゃんと店が

営業してることは分かってて普通に食事をしてるし、意外にみんなこの事態に順応してる気がする。

文句も言わず、みんなちゃんとしてる。 東京都民はやればできると思ったよ。



*本文とは全く関係ないけど、いつか載せようと思ってたので。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

これは、今の家に引っ越す前のマンションのベランダから撮った「雲」の写真なんですが、、
上からコアラ?ペルシャ猫?孔雀?(火の鳥)に見えませんか?
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ