2012/6/19

長年使ってるスティックの話。  音楽

おいらがずっと愛用してる、ドラムを叩く為の棒(バチ!)。

もちろん、スティックっちゅうのは2本で1セットで売られてて(じゃないとドラムは叩けない)
国産のメーカーのものだと800円とか1200円とか。海外製のものだと2千円近くする。
材質としては、ヒッコリー材(1番ポピュラーな材質)とか、オーク材(若干重い)とか
メイプル材(固い。カナダ産のカエデ)なんかがあります。

この前、COBRAのライブの時に、楽屋では歴代ドラマーの間で、
「スネアは何使ってるん?」「今、家どこ?」(笑)に続いて、
普段「どんなスティックを使ってるか?」の話にも花が咲きました。

ちなみにキーやんは、1700円の「外人の女みたいな名前」のメーカーのやつを使ってた。
その時にビックリされたのが、おいらの愛用してるスティックだった。
というか、ドコに行っても、たいがい「何じゃそれ!?」と言われることが多いんですが。

なんと、値段は200円。(1セット)台湾製のノンブランド。

大量生産されたオーク材で、言った通りオークは重いはずなのですが、
これは物凄く軽いんです。(ホントにオークかどうかも怪しい)
おいらに言わせると「何でこれが200円なのか??」と思うほど、使いやすくて最高。
長年ずっとコレです。

折れまっせ〜。すぐ折れる。ヘタしたら、サビに行く前にもう折れてる。(笑)
なので、いつも買う時は1ダースまとめて購入し、
(1ダース買っても2400円!通常のスティック2セット分!)
ライブ中はバンバン折れて、折れたヤツは後ろに捨てまくってる。
(消耗品なのでそんなもんだと思ってる)
これまでのライブの映像見ても、後ろに投げまくってる。

いつもリズムを止めずに折れたスティックを捨てながら、
新しいヤツをケースから取り出す練習をしてます。

うちの生徒にも勧めてるんですが、皆好きなドラマーが使ってるモデルを使いたいらしく、
ちょびっとしか浸透しません。(安いのに。。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
8



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ