2015/6/12

『あずきふらわあ』レコーディング初日。  音楽

じつは、レコーディング、、今現在、まだ終わってません。
まだまだやる事も多く、もう少し作業は続きそうです。

これまで再三言ってきた、あの28インチの巨大バスドラムでの録音は今回が初めて。
ライブでは何度か使ってるけど、録音はライブと違って「記録」であり「作品」だから。
やり逃げなど、許されないのだ。(ライブはやり逃げか?!)

大きいだけあって、鳴らすのが大変だけどね。

アマノジャクな俺は、これを自分の存在理由、、自分である、自分たるゆえんとして、
自分のアイデンティティーとして(もうええか...)
どーしても使いたいのだ。



クリックすると元のサイズで表示します

まずはセッティング。

カラーマークさんのスタジオは少し離れた所にもう1箇所あります。
普段よく使われるスタジオはそちらの方で、ドラムの音が良く鳴る(響く)みたい。

でも、個人的にデッド(スタジオの鳴りの残響が少ない)なスタジオが好きなので、
あえて今回は、こちらの「ミュージックラボ」の方で録らせて貰いました。


ちなみに、永福町にある「スターシップスタジオ」、ライブハウスで言うと博多のBe-1なんかもデッドだなぁ。俺の大好きなレッチリのアルバム「Blood Sugar Sex Magik」もデッドなスタジオ(というか、お城!)で録ってる。


クリックすると元のサイズで表示します

マイクを立ててる間に譜面をチェック。


クリックすると元のサイズで表示します

コンソール ルームから見たドラムブースです。


クリックすると元のサイズで表示します

この日、結局つるっと大半の曲を録ってしまい、、
翌日からの俺は、ほぼ皆のビデオ係りに!



宿泊施設。

1階にはキッチンと居間。2階にはメンバー1人ずつの部屋。
浴槽もデカくて、ゆったり。
充実した宿泊施設でした。ここ住みたい。。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手が空いてる人がメシを炊き(いや、ほとんどユキさんが炊いたな)合宿生活しました。
主にパスタやカレー、レトルトもの。


クリックすると元のサイズで表示します

山の中なので、窓の外ではカエルがゲコゲコ。
この辺は自分が育った田舎。 昔を思い出して懐かしかった。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ