2006/2/20

カレー地獄  災難

昨日、横浜で大矢侑史のライブをやってきた。しかし、そんな話は書かない。
もちろん大矢は俺の中では、数少ない本物のボーカリストであることに変わりはないし、
ライブもいつもより長めにやった。俺はいつもと変わらず、ヤツの後ろでロック&ロールしてやった。
だがしかし、そんなことよりも、、『カレー地獄』なのである。

リハが終わって、みんなでライブハウスの近所の『横浜カレーミュージアム』に行こうという事になり、
「お祭りか!カレー祭りか!」と喜び勇んで、メンバー全員でカレーを食いに行くことにした。

クリックすると元のサイズで表示します

入口でどれにしようかと迷っていたら、岡やんが「とりあえず、この店から行こうか。」
と、とりあえずって何!?まさか何種類も食うつもりか!?カレーのハシゴか!?

いやいや、よく考えてみたらそうなのだ。ここはカレーミュージアムなのだ。
ただカレーが食いたけりゃ、街の美味しい店を探してそこへ行けば良いのだから。
俺はこの、食のアミューズメントパークの意味すらも、何も理解していない、ド素人だった。
あぁ恥ずかしい。カレー食う前から汗かいちまったよ。

「一軒目」。

クリックすると元のサイズで表示します 博多焼きカレー『伽哩本舗』
俺の好きな焼きカレーだった。ドリア風に焼いたカレーで、真ん中に玉子の黄身が乗っている。
各店には「お試し」というハーフサイズの量があり、あぁ、これやったら何種類も食えるわ!と、、
だが、ふと隣のテーブルを見ると、ギターの石井ちゃん(俺が昔、デビューした時のバンドのギター。
今は大矢侑史バンドのギタリスト)が焼きカレーをフツーに大きなお皿でガッツリ食っているではないか!
おい、まだ一軒目やぞ!こいつ、ハーフのシステムに気付いてないか、、それともやる気マンマンなのか!?
どっちなんだ!?

「二軒目」。

クリックすると元のサイズで表示します 秋田横手カレーやきそば『皆喜多亭』の肉玉カレーやきそば。

秋田県横手市と言えば「焼そばの町」らしい。知らんかった。あの町、、いつからそんな事に!?
(行ったことないけど!)味は意外にイケた。

「三軒目」。

クリックすると元のサイズで表示します 札幌スープカレー『木多郎』のチキンカリー。
このへんから俺の食道(及び左心房)がマヒ状態に。すでに自分がこの建物の中に居る意味がわからなくなっている。

「四軒目」。

クリックすると元のサイズで表示します 『横浜フレンチカレーの店』という名の店。
牛タンが入ったビーフカレー。俺はすっかり「カレー疲れ」してしまったのだ。
だが岡やんは更に、五軒目のインドパキスタンカレー『キングデリー』の超激辛カレーをたいらげ、

クリックすると元のサイズで表示します 外に出た後、、
口の中の辛さを中和する為に(!)まさかの「たい焼き」食うてたよ。

ライブが終わって楽屋に戻るや否や、大矢が「歌ってる最中にカレーが上がってきた!」

カレーミュージアム、、しばらく行きません!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ