2018/2/1

哀悼の意を込めて。親愛なる友へ。  

先日、良き友でもあり、同じ時間を過ごした大好きなギタリスト
弥吉淳二が他界してしまいました。

いまだ気持ちの整理がついていません。ふわふわして何にも手につかない状態です。
だからこれを書くのは、今というタイミングなのかどうかも分からないです。

明日になれば、また色んな事を思い出して、気持ちが移ろいでしまい、
たくさん考えてしまったら書けなくなるかも知れないと思い、
出来るかどうかわからないけど、今思う事をつれづれに書き綴ってみようと思いました。



俺が奴に初めて会ったのは30歳の時。方南町にあるスタジオ『タッツ』でした。
のちに加入する事になる、COBRAのボーカルのヨースコーがソロアルバムを出す事になり、
その為のオーディションでした。
ドラマーとして採用されれば、ロンドンレコーディングが待っている。

奴の第一印象は『人懐っこい男だなぁ』と思った。

ヨースコーは事務所の先輩で面識はあったが、初対面の弥吉とは1曲セッションをしただけで意気投合。
あいつはすかさず俺に「音デカいすねぇ!宜しくお願いします!」といい、
「もう俺、決定すか?」と、面食らった記憶がある。

その日をきっかけに、奴とはそれから色んなアーティストのライブやレコーディングの仕事をやった。
あいつは俺の中で、一番多く一緒に仕事をしたギタリストだった。


ロンドンでの生活は、自分の人生の中でかけがえの無い宝物です。
それはきっと、そこに奴が居た事、奴が居たからこその大事な思い出、経験だったと思います。
95年のことです。

翌年96年も2ndアルバムを録る為に渡英。
その時はあいつがやってたバンド「ステレオクリミナルズ」の1stアルバムのレコーディングも兼ねてだったので、
長期滞在の為にホテル住まいから引っ越しをし、ワーウィックアベニューという地区に家を借り、
しばらくメンバー全員で共同生活をしました。


ステレオクリミナルズの「プリプロ」というレコーディング本番前のアレンジを煮詰めるための作業を、
ロンドン在住のドラマー/プログラマーの屋敷豪太さんのスタジオでやった時の事。
プロデューサーのジョニーに紹介され、スタジオの食堂で、
あのポールウエラー(JAM/スタイルカウンシル)と、弥吉と俺とヨースコーの4人で
同じテーブルでチキンカレーを食べた事が、今思えばとんでもなく素敵な経験です。



アビーロードを見つけた話。
ある日、住んでた家の近くを弥吉と二人で散歩していたら、突然見たことのある風景が。

それは、ビートルズのアルバムジャケットにある、「アビーロード」でした。
まさか、自分たちがその近所に住んでたとはつゆ知らず。。
あの横断歩道をお互いに渡ってビデオカメラを回した(今コレを書きながらその時のビデオを見てる)


弥吉くんとはたくさんレコーディングしました。一緒にたくさんライブしました。
大阪パフォーマンスドールのあっくん(中村亜紀ちゃん)のライブの時は、
打ち上げになるとよく、あっくんと奴が「プラモデル」というお笑いコンビを組んで
即興で漫才をやってた。打ち合わせなしで阿吽の呼吸で。


あれは、もう見れないんだね。




彼女も亡くなってしまった人だけど、川村かおりちゃんのライブも一緒にやった。
藤重政孝のツアーでは北海道から九州まで全国を回った。

伊豆のキティスタジオでの合宿レコーディングの時は、
何十年に一度のしし座流星群を一緒に見た。流れ星が百個ぐらい動いてた。


奴はいつもひょうひょうとして、いつも笑ってたよ。悩んでる姿を見た事がない。
たかが音楽なんかに、真面目に取り組んでるつまんない俺に対して、
「うん!それで行きましょう!」って。

自分の音楽観や人生を、年上の俺に教えてくれた。
面白おかしく生きた男だった。



切ないよ。
身近な人間の死というものに慣れてない俺だから。
未だに現実を受け入れられないままでいます。


俺は奴の事をギタリストだと思ってるけど、俺にはよくわからんが、
あいつはプロデューサーとしてはどうなんだ?
「奴の弾くギターは最高だったけどね。」としか言えない。

アーティストのプロデュースもたくさんやってる。
或る日、奴が「ライフ レコーダーズ」というバンドのプロデュースをやった時、
「よしろーさん、1曲叩いて貰えないすか?」と言われ、今はなき、一口坂スタジオに呼ばれ、
「ツェッペリンのボンゾみたく、ドッカンドッカンやって下さいね」と。
俺はドラムのヘッド(皮)を全部ラディックのシルバードットに張り替えて本気で挑んだ事がある。

でも少しやり過ぎてしまい、「なんか、はみ出しちゃったかな」と思ったが、
「いや、それでいいんです。」


その曲は、イルカさんの「なごり雪」のカヴァーでした。


最後に一緒だったのは、レピッシュのマグミ、アンジーの岡やんとやった、
マグミ&モスキートでした。
昭和の歌謡曲を、クラッシュやビースティボーイズみたいなアレンジをしたバンド。

その後、とある事情でしばらく疎遠になってしまい、
去年の12月14日に、「元気か?」とメールをしたところ(何か虫の知らせだったのかな)
すぐ返事が帰ってきた。




最後のメールはこんなだったよ。

『大変ご無沙汰しています。アドレスは変わっていません、メールくださり、ありがとうございます。
カフェ!オープン!おめでとうございます!
第二の人生ですね、とても嬉しく思っています。

ずっとずっと、ヨシローさんの事、気にしていました…。
俺の人生において、ヨシローさんはとても大きく、かけがえのない人物です、
今の俺があるのもヨシローさんのおかげだと思っています。
またこうしてメールをいただけた事、心より感謝します。

(中略。)

どうかまた、昔のような御縁に戻れればと願います。
メール、ありがとうこざいます。

嬉しいです。感謝、感謝です。
人生、本当に色々ですね。

(中略。)

HP、拝見しました、素敵なお店ですね!
是非、伺いまたお会いできる日を楽しみにしています。
どうか、お身体にはくれぐれも気をつけて、頑張ってくださいね!』



馬鹿野郎〜!もう会えないじゃねえか!!

たぶんもう、死ぬことをわかってたんだろ。
奴はどんな気分で、どんな体の状態でこんなメールをくれたんだろう。
もう居ないのに、このメールだけが、今ここに残ってる。

ホントに可愛げがあって憎めない、優しい男だった。
「タバコをやめようと思ったことは一度もない」と豪語してた。
「せっかく生きてるんだから思ったことは全部やらな。いいも悪いもないやろ。」
と言ってた。




弥吉くん、人は死んだらどうなるの?
その答えは、自分が死ぬことでしか、分かり得ないけど。
今、俺は奴に一番聞きたい。

あいつは、俺らが知らない事を、
死んだら、、そしたらどうなるのかを、もう分かったんだなぁと思って。



最後に。
彼の名誉の為に。

ネットやなんかでは「椎名林檎の元旦那が」とか、ゴシップよろしく
色んな奴がくだらない誹謗中傷を書いてるが。
あいつは、あんたらが勝手に思ってるような奴じゃないからね。


クリックすると元のサイズで表示します

ロンドンの「パワーハウススタジオ」にて。
安らかに...なんてまだ言えないわ。きっとまた会えるよ。
45

2017/11/12

vegan cafe heaven's kitchen hell's bar  ニュース

このたび、、
地元 石川県でカフェをオープンしました。

東京を去り、この一年の間、食の修行をし、メニューを試行錯誤の日々。
建物の天井や壁も自分でペンキを塗り、DIYの日々でした。

あ〜しんどかった〜!!

第二の人生はカフェのマスターですよ。
お近くをお寄りの際は、、是非!!


http://veganheavenhell.com/


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
15

2017/10/14

久々に音楽の話。  音楽

トムペティが亡くなった。
急死だったそうだ。

つい先日もスティーリー・ダンのウォルターベッカーが亡くなり、
その訃報に、AORが大好きだったおいらとしてはグッときてしまったが。

はて? トムペティって、、どんな曲あったっけ?



おいらが10代半ばでバンドを始めた頃、
地元金沢のレコード屋でアナログ盤を視聴しまくり、
TV番組ではベストヒットUSA、ラジオはポップタウンエクスプレス
(どっちも小林克也だね)
音楽誌だとミュージックライフを毎月買い漁り「80年代の洋楽」に夢中になった。

B.スプリングスティーンとかヒューイルイスとか、
ジョンメレンキャンプなんかは人気があったけど、ボブシーガーとか
トムペティって、なんだか日本では受けなかった気がする。
周りの音楽好きの中でも、トムペティが好きな奴なんか、殆ど居なかったよ。

当時のアメリカのトップ40のチャートには、確かに彼の存在はあったと思うのだが。
俺自身、なんか地味な人だな、プリテンダーズの男版かな。ぐらいに思ってた。
(いい例えでしょ。)

トムペティ、、ヒット曲は何だっけ?? てな具合だった。
ここ2〜3日、FMを聴いてたら、やたらと彼の追悼特集をやっていて、
全く知らなかったその足跡を知った。



今更ながら、曲がいい。
それがまた、東京を去った今の自分の耳になんとも心地良いのだ。
しかもなんと、3年前に自身の作品が初の全米1位になっているという。
(こんな時代に?!)

アルバムが出るらしく、ダウンロードではなく(ダウンロードなんかした事ないが!)
10何年ぶりかのCD屋に行って、わざわざCDを買おうかと思ってしまった。。

「なんだよ俺、、トムペティ好きかも知れない。。」
歳とらんとワカランのか!俺!

この歳になって、その良さが分かってしまったのだ。
まぁ、人生タイミングですわ。



てなワケで。明日もペンキ塗りは続く。(何の話?)
それは...のちに続く。。
5

2017/10/5

タイトルが思いつかない。  

近々、ブログを再開します。

今年の5月から「海抜209m」の山の中に住んでます。
ラジオの電波も入らないのだけれど、有線(ネット)は出来ます。

ここで何をやるのか。




新たな人生、頑張ります。

11

2016/10/19

最後の時間。  音楽

明後日、、東京を離れて故郷に帰ります。

引越しの片付けをしながら、最後に会って置きたい人たち。

大切な友人、昔のバンド仲間、教え子、事務所に所属してた頃の俺のマネージャー。
東京に住んでる同郷の幼なじみ。

この一週間もの間、時間を惜しんで毎日飲み歩き、、
実に内容の濃い、東京での最後の時間を過ごしました。


今日は俺の一番古い弟子、ケンタロウの最後のレッスンでした。
奴は15年前からの付き合い。もうやり残したことは無いね。


今までありがとうね!


クリックすると元のサイズで表示します
11

2016/10/18

ラストライブ 写真。  音楽

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



⬇改めて昨日、皆んなで打ち上げ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
7

2016/10/8

ラストライブ...動画。  音楽

引越しの片付けをしながら、夜中にパソコンと格闘の日々。。

先日、9月28日に行われた、ラストライブの動画をアップしました。
これで見納めです。。



*「Heavy Funk All Stars」

Jimisen(Gt/Vo) 八重樫 浩(Gt/Vo) Shoo-G(Ba) YOSHIRO(Dr/Vo)

01. Born To Be Wild
02. Don't Let Me Down
03. Foxey Lady
04. Little Wing

動画はこちら。⬇
https://www.youtube.com/watch?v=CQcoCJZ1eMA



*「4460 5960〜G.S.T.Q」

高橋 竜(Ba/Vo) 満園 庄太郎(Ba/Vo) 大谷 レイブン(Gt) 鈴木 ユタカ(Gt)
石井 仁(Gt) MARI(Vo) Tomiya(Vo) YOSHIRO(Dr)


01. The Wanton Song
02. Mama Kin
03. Jet〜Band On The Run
04. Paradice City
05. Born To Mack
06. Proud Mary

動画はこちら。⬇
https://www.youtube.com/watch?v=ZgGr0xEu7cg



*「アンコール」

01. Helter Skelter
02. Anarchy In The UK!!


何だか..最後は感極まって、支離滅裂です。

動画はこちら。⬇
https://www.youtube.com/watch?v=birFiPEonGc
13

2016/10/2

無事に。  音楽

最後のライブを終える事が出来ました。

感謝の気持ちで、頭の中がいっぱいなのに、、
言葉が見つからないのです。




近々、写真や当日の動画をアップしますね。


クリックすると元のサイズで表示します
10

2016/9/27

引退ライブ。  音楽

明日、9月28日は東京生活最後のライブ。

この日がやって来ると思っては居たけれど、、
やっぱり来るんだね。

地元に帰ると決意してからのこの4か月間は、あっという間でした。



このライブのタイトルは『人生塞翁が馬」。
俺は自分のこの先の人生、何が幸いするか、、
まだ何があるかわからないと思っています。

未来は、全くの白紙だと思っています。


有り難く参加してくれる同期のミュージシャン、大先輩。
おこがましいけれど、俺が育てた教え子たちと有終の美を飾るつもり。



一緒に参加してくれるマリさんが、ある日こんな事を言ってくれました。
「よしろーさん、あなたの生徒たちは確実によしろーイズムを受け継いでますよ!」


実は、俺にも故郷の金沢に師匠が居ます。
その師匠は、俺に何にも教えてくれなかった。

毎回、グループレッスンの生徒たちとは隔離され、
「お前は隣のスタジオで、勝手にセット(ドラムセット)叩いて来い!」と。


月謝を払ってるのに、何でこの人は俺にだけこんな仕打ちをするのだろう。
当時は不満でいっぱいだったけれど、後になって知った事はたくさんあります。


人が人に伝えることは、技術だけじゃなく、言葉であったって良いんだ。
師匠からはたくさんの言葉を、他の弟子たちの誰よりも貰ったかも知れません。

あとは自分でやれと!(結局、独学?)



8:15〜は、出たとこ勝負のセッションをやります。歌も歌います。
そして 9:00〜は自分が選曲した大好きな曲たちを。

どうぞ皆様、最後なので、是非!! いらして下さいませ。


クリックすると元のサイズで表示します
8

2016/9/21

最後のリハ。  音楽

昨日、最後のスタジオ、
「HEAVY FUNK ALL STARS」のリハをして来ました。

28日は3番目、8:15〜の出番の予定です。


このバンドはセッション性が強く、コード進行だけが決まってて
曲の構成なんか出たとこ勝負、即興で演奏します。

リハをやったところで、当日は何が出るかさっぱり分からないという、
フリーの演奏になります。


音楽というのは予定調和では無く、本来こーゆーものなんだと、、
このメンバーに教えて貰いました。

これで、全てのリハを終了!



20歳で上京し、この32年の間、たくさんのミュージシャンと出会い、
かけがえのない時間、幸せな経験でした。
今回、関わってくれた仲間たちに、感謝をせずにいられません。


帰りの電車で、泣きそうになってる俺。
自分で決めたくせに、、情けないわ。。



あと一ヶ月で東京を去ります。夢のような時間でした。

ドラマーは引退しますが、、
地元に帰っても音楽は続けられたら良いなと思っています。


クリックすると元のサイズで表示します

Jimisen、shoo-G、八重ちゃん。ありがとう!


実は、上京した頃、ロッキンFという音楽雑誌で、
当時やってた八重ちゃんのバンド『十二単』のドラマー募集に応募した事があります。

結果は落選。。
そのドラマーには五十嵐公太さん(のちに、ジュディー&マリー)が。。


クリックすると元のサイズで表示します

その頃、こんなドラムセットを使ってました。


クリックすると元のサイズで表示します

今は3点セット。大人になりました。
あ、これ自宅です。


クリックすると元のサイズで表示します

髪が腰ぐらいまであった時代。
最後なので、もうええか〜で公開。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ