2012/12/19

孤独のグルメ。  

自分のfacebookでも紹介しているのですが、

水曜の深夜にテレビ東京で放送されている『孤独のグルメ』。
これ、面白いですよ。

貿易商を営む井之頭五郎(松重 豊さんという俳優)が、一人で店に入ってゴハンを食べるお話。
現在はシーズン2の「第10話」まで来てます。
個人的にはこの回が一番、美味そうに食べててそそられたかな。

食べることというのは、幸せなんだなぁ、、と思いながら観てます。

是非、シーズン1から観てみては?
http://www.dailymotion.com/video/xvwh0o_yyyyyyseason2yyyy_shortfilms#.UNCLpI5fWKw


ちなみに、おいらのFBはこちら。
https://www.facebook.com/yoshiro.hisajima?ref=tn_tnmn
4

2012/6/30

"human ERROR"  

19分間と、ちょっと長いですが、、
是非、見てみて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=Q5p283KZGa8





おいら正直言うと、、
拡散とかツイッターとか、大嫌いなんやけど。
こういうのがあるのは、捨てたもんじゃないんやね。
5

2012/5/30

チョコサンデーが140円!  

さて、11年振りのパンクドラマー復帰、如何でしたでしょうか?
また日常に戻り、学校のセンセの生活です。


ドラムを教えること10年。5年前から学校の先生もやってます。
おいらが講師をやってる学校なのですが、スゴイんです。何がスゴイって、、
まず、敷地全体の面積が、何と「東京ドーム8個分」という広さなので、
正門から職員室に繋がってるエレベーターのある棟まで、歩いて6〜7分かかる。
学園内の芝生の管理をしてる人なんか、学校の中をゴーカートで移動するほど。
職員専用の食堂に行く途中には日本庭園が広がり、その奥には滝が流れてる。
食堂の隣のカフェの窓から見える景色は、皇居と間違えるほどの大きなお堀があります。

ここに最初に来た時は、「こち亀の中川邸かよ!」と思った。


・・・ムダに広い。


いわゆる音楽科だけじゃなく、総合専門学校なので「建築」「テクノロジー」「デザイン」等、
スポーツではサッカーコースがあり、そのサッカー場も本格的な設備を備えてて、
横浜.F マリノスが練習に来てるとか来てないとか(どっちなん!)聞いた事がある。

学園内には、ネットカフェ、本屋、ジム、ボーリング場(1ゲーム300円で利用出来る)
蕎麦屋、らーめん屋、マクドナルド、吉野家、コンビニのサンクス、サンドイッチのSUBWEY。
学食は別の棟に2フロア分あり。中にはあの高級ステーキ店の銀座スエヒロまでもが出店している。(でも学食だから値段が安い)

おいら、いまだにボーリングはしてないし、スエヒロのステーキだって1度しか食べてない。
もう5年居るが、未だこの学校の全体像を把握してない。
いつも「あの森の向こうには何があるんだろう?」と思っている。

おととい、たまたま(!)見つけたのだが「Rose cafe」っていうカフェを発見した。この春に出来たらしい。

こうなると、あの森の奥にも何かあるんだろうか。。


クリックすると元のサイズで表示します

カレーは300円から。パスタも全て300円。ランチプレート400円。
この値段で量も多くてお腹いっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

バナナパフェ200円。チョコサンデーが140円!
5

2012/4/6

ゼブラナース VS. 人魚伝説。  

ここんとこ、毎日と言っていいほど邦画を観ている。
最近見た映画は、伊丹十三監督の「タンポポ」
白い巨塔の脚本家、山崎豊子の「沈まぬ太陽」
小林聡美主演「かもめ食堂」←(すごく良かった)
他には「火宅の人」等々。

今週見た「flowers」「udon」「ゼブラーマン」で、何の偶然か、
3作連続で鈴木京香さんが出ていた為に、遂に一昨日の夢に現れてしまい、
それ以来、鈴木京香という女優が気になって仕方がない。好きかもしれない。。

特に、ゼブラーマンの「ゼブラナース」に心を奪われてしまったワタシ。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

....................................................................................

話は変わって、、

前回、黒澤明の「夢」という映画が原発について描いてると書いたら、
講師をしている学校の同僚のA子先生に(ピアニスト。ホントは英子)
「よしろーさん、白都真理主演の『人魚伝説』知ってます?こいつもある意味すごいですよ。
ぜひご覧あれ!」と言われ、
何だか気になったおいらは(またかい!おいら何でもすぐ気になるねん。)
早速、TSUTAYAに。。
ダメもとで「あの、古い邦画で人魚伝説っていうのが、、」と店員さんに尋ねると、

「人形伝説ですか??」

こ、こわい。おいらはホラーはダメ。人形は怖いわぁ。
結局、そのTSUTAYAにこの作品は置いてなかったので、まぁいいかと思ったが、
なぜか店員がヤル気満々で調べてくれて、
「他の店舗にありました。お取り寄せサービスというのがあるんですよ!」
「なんなら取り寄せてでも見なさい!」ぐらいの勢いだったので(ホントか?)
しばし待つ事に。。

3日後、入荷したというお知らせ。早速みてみた。

84年公開。おいらが東京に来た年に、こんな映画が作られてたんやね。
三重県の志摩の海で漁師を営む夫婦の話なんですが、

原発建設の為に夫が殺され(ムチャクチャです)夫の弔いの為に、海女の妻が復讐するというストーリー。
昭和の日本映画には、何だか暗くて怨念や復讐を題材にしたものも多かった気もするが、
既にあの時代に、この「原発」を題材にした脚本で映画を撮ってたということはすごい。
たしかに今みると何とも言えない映画やわ。後味の悪い、でもすごい作品だった。
主演の白都真理さんは凄かった。あんな女優、、今いるだろうか。
平和ボケした今では、ありえない作品。

クリックすると元のサイズで表示します

じつは、前出の「ゼブラーマン」も、コミカルではあるけど、
今の日本(地球)の危機を風刺している映画でした。
しかも、舞台設定も2012年。

昔から映画を作る人は、深層心理の中にすでに未来を語っていたんじゃないかなと思う。
4

2012/3/24

『夢』  

おいらの弟子のある日の日記(ブログ)より。

『今日は酒も呑まずに帰宅。洗濯して風呂入って紅茶片手に黒澤明の「夢」という作品を観た。
この作品は黒澤明自身が見た夢を元に作られた、全八話からなるオムニバス形式の映画。
その中にゴッホの絵の中に入り込んでしまう男の話があり(ゴッホ役はマーティン・スコセッシ)それが観たかっただけなのだけど(それ以外の予備知識ゼロ)一話目から猛烈に美しく幻想的な世界が広がり、一気に入り込んでしまった。
そして映画は進み、後半部分。世界の黒沢が驚くほどに『超直球 原発批判』しててゾクッとした。第六話の「赤富士」なんて、原子力発電所が爆発して富士山大噴火(順番は逆なのかも?)
逃げ惑う群集。泣き崩れる幼い子供を連れた母。追い詰められて自殺する人々。
自然の脅威や放射能を前にした時の人間の無力を徹底的に描いてて、心臓ワシ掴みにされた気分でしたわ……。なんつーか、結局20年以上前から分かってた事なんだよね。
黒澤明だって、清志郎だってずっと発信してた。それにも関わらず、キャッチ出来てなかった自分が情けないや。もっとアンテナ張らなきゃいかんぜ。』

..................................................................................


社会派を気取るつもりなど、更々無いのだが、、
3.11のあの出来事があって原発の脅威にさらされた今、何だか、奴がこのブログで書いてる事が気になって、1990年に公開されたこの映画をもう一度観てみた。

実はこの作品がビデオ化された頃に一度、この映画を観ているのにもかかわらず、
その時のおいらはどーゆうテンションだったのか、
第二話の「桃畑」に出て来る、幻想的なひな祭りの映像ぐらいしか覚えて無かったな。
あの時は「ようわからん映画やなぁ。。」くらいの印象だった。


この映画は全8話からなる話なんですが、それぞれ毎回、
「こんな夢をみた。。」というテロップから始まる。

第一話.「日照り雨」
見てはいけないもの=狐の嫁入りを見てしまった子供の話。

第二話.「桃畑」
桃の節句の雛祭り。かつて桃畑だった場所の桃の木々が切られてしまったコトを嘆く雛人形達。

第三話.「雪あらし」
雪山で遭難した3人の男の話。

第四話.「トンネル」
戦争が終わり、生き残ってしまった一人の軍曹の前に、全滅した部隊の兵達が自分達が死んだ事に気付かず現れる。

第五話.「鴉」
ゴッホの絵の中に入り込んでしまった男の話。

第六話.「赤富士」
富士山が大噴火し、原発が爆発。セシウム、ストロンチウム、ベクレル等、今ニュースで言われている言葉が。。

第七話.「鬼哭」
核汚染で世界は荒野と化し、タンポポは巨大化。人間には角が生え、鬼になってしまう。

第八話.「水車のある村」
文明の利器を捨て、電気も使わず、自然に沿った生き方をしてる村で初恋の人の葬式を
良い人生を送ったこととして喜び祝う老人の話。


今思えば、後半の第6話以降の作品はまさに、

「赤富士」3.11あの日の出来事。
「鬼哭」これから危惧される事態。
「水車のある村」人間としての原点回帰、今後の人類の在り方を描いていると思ってしまった。


黒澤明監督は20年以上も前から、この映画で原発の脅威に警鐘を鳴らしていたんやね。
ネットで調べてみると、黒澤明はこの映画で今を予言してるみたいな事を書いてる人もいたり。

この作品に出てる寺尾聡さんは今、どう思ってるんだろう、、とか思ってしまった。。

そして今は亡き黒澤明監督や、「鬼哭」で、かつては人間だった「鬼」を演ずる、故いかりや長介さんや、「水車のある村」で名前のない村に住む 故 笠智衆さんは今、、2011年に起きたこの事態をなんて思ってるのかな。。

考えさせられる映画なので、時間があれば是非観てみて下さい。


クリックすると元のサイズで表示します

「赤富士」

クリックすると元のサイズで表示します

「鬼哭」
3
タグ: 黒澤明 

2012/3/21

バタフライ・エフェクト。  

おいらは昔からずっと、この世に許された「時間」という概念に興味があって仕方がない。
あの時、こうしてたら今はどうなってたんだろう、、とか、
あの出来事が無けりゃ、今頃自分はここには居ない、、とか、
人生のターニングポイントというものについてずっと考え続けている。

「バタフライ・エフェクト」という映画は、まさにそんなテーマを見せつけてくれる映画。
心理学用語かなんかで、時間の流れが変わる瞬間を例えて、
「蝶が飛び立つ瞬間」のなんちゃらかんちゃら(忘れた)という意味らしい。。

ところで、『ALWAYS〜三丁目の夕日’64』是非とも観たい。
おいらが生まれた『1964年(昭和39年)』。その年が舞台になっている。
主演の堤真一さんや薬師丸ひろ子さんは、まさに64年生まれだそうで。

平成になってもう24年くらい経つが、おいらの生まれた昭和っていいね。´з`
ケータイもネットも無かったけど、あの時代の空気感や歌や生き方がなんだか懐かしく、
今となってはある意味、、清く正しい気さえする。


先日、京都に住む姪(二人姉妹の下の子で21歳)が上京しウチに来て3日ほど泊まって行った。
東京の街をちゃんと見てみたいというので、街を案内しちゃる!
という事で、青山や渋谷界隈を二人で歩いた。

原宿には、20代の頃に当時所属してたビクターレコード(原宿ピアザビル。今は表参道に移転)があり、
バブルの頃によくビリヤードをしたバーなんかを思い出したが、今や街の様子もすっかり変わってしまっていた。

その流れで、ひょんな事から、、
今から28年前に上京したてのおいらが住んでた池袋のボロアパートを二人で見に行く事に。。
うーん。おいらがココに住んでた時は、うちの姉も結婚したばかりで、この子どころか上の子もまだ、
この世に存在すらしてないワケで。
まさか、あれから28年後の2012年に、姉が生んだ2人目の娘とこのアパートを訪れるなんて想像もしなかった。


時間とは不思議なものだ。

実家から送ってきた、まだ姪が小さかった頃の懐かしい写真を二人で見てたときのこと。
「おじちゃんの子供の頃の写真でも見るか?」
「おまえが物心ついた時、おじちゃんはすでに大人でたまに会う東京のおじちゃんだったろうが、、
そんなおじちゃんにも子供の時はあったんよ!」

頼まれてもないのに、おいらの小さい頃の写真まで引っぱり出したら、、姪が言うのだ。
「分かってて一応聞くけど、、この頃って世の中にはちゃんと色があったんやね?」

当たり前やんけ!

それは白黒の写真なのだが、世の中にはちゃんと色が付いてて、葉っぱは緑だし、皮膚の色は肌色。

平成生まれのこの子にとっては、素朴な疑問なのか〜と思ったりして。

クリックすると元のサイズで表示します
6

2012/3/11

生きてるだけで有難いよ。  

今日は「ひき肉とトマトのチーズ蒸し」というのを作りました。
これは簡単、超美味かった!

今日であの震災から一年が経ちます。
テレビで、3.11の日に自衛隊がまわしてた未公開の映像を見て、涙が止まらなかった。
去年の今頃は、ここ東京でも何度も余震が続いて不安だったけど、
こうやって今、ビールなんぞ飲んで好きなビートルズをかけながら、
料理作って食べる事も、有り難く思わないと。


今日は黙祷と、日々への感謝をもって生活します。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
7

2012/2/24

ペットを飼うということ。  

何事も物事っちゅうのは、思わぬタイミングでやってくるのが、これ世の常。
じつは、何年か前から趣味で熱帯魚なんぞを飼っています。

25の頃、、マツモトという名のネコを飼ってたことがある。
当時、メジャーデビューが決まり、給料5万から始まったおいらの生活には耐えられず、
友人に預けたマツモトは、その後に飼い主がアメリカ人と結婚した事により、、渡米。
そして、18年間というその生涯を全うしました。

犬やネコは触るとあったかいし、見てて癒されるし、後ろ姿なんか可愛くてタマランし〜と思ってた。
それに「基本は肉食」のおいらは煮魚なんかもそんなに好きじゃないし。
無理して連日、焼きジャケ食べてたらジンマシンが出て医者に通ったほど!

その出会いは、昔つきあってた子が或る日ホームセンターで一匹の熱帯魚を買って来た事から始まる。
飼う前なんかは当然、熱帯魚なんか全く興味が無かった。

魚け?何が可愛いのん!? 触れんのやろ?魚やろ?と思ってたんだが、、
見ていると、たかが何十センチ四方の限られた水槽の中で、ヤツらは一所懸命生きている。
エサをあげると、口をパクパクして、自分の生命維持の為にその所業をこなす。

世の中には色んな趣味娯楽があるけど、気が付いたらどっぷりとハマってる感じのおいら。
都内の熱帯魚屋さんを巡っては、水草を買ったりバクテリアについて調べたり。

いま飼ってるのは、コリドラスというナマズの仲間オンリーなんですが、
3.11の震災の時も水槽の水が地震で半分以上外に飛び出てたけど、これは下層に居る魚なので全員無事だった。

中でも、ベネズエラオレンジという種類の奴(名前はおにぎり)が最近、、動かない。
皆とは別行動で、ジッとしててエサを食べなくなった。

あ、こりゃ死ぬわ。。

クスリ(劇薬)を入れて別の水槽で隔離し、4日間薬浴させて本水槽(みんなの居る水槽)に戻したら超元気に!

奴はおいらの判断とその方法で、再び命を取り戻したのだ。(という人間の身勝手な達成感。)


ペットを育てるというのは、、いわばそういうコトなのかもしれん。


クリックすると元のサイズで表示します

水槽も、飼ってる個体数に対しての広さを求めて、何度買い替えただろうか。。

クリックすると元のサイズで表示します

冷凍赤虫という「ミミズ」をむさぼる皆さま。

クリックすると元のサイズで表示します

おにぎりは元気〜!復活しました。
6
タグ: コリドラス

2012/2/8

見えてなかった部分。  

日本の周りの海の水を抜いたら、、こういう風になってるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

東京も仙台も断崖絶壁なんやね。。

....................................................

さっき、また佐渡で地震がありました。
これからはこの日本だけじゃなく、地球規模で大変な時代に入っていくんやろうな。
なんせ、相手が大自然なので、まぁ、逃げても無駄でしょ。
これはもう、一人一人が精一杯、どう生きて行くのかにかかってると思うなぁ。



そんで、、猫の場合はこう。(もうこれは有名な画像ですが)

クリックすると元のサイズで表示します

前足がたまらん。。
5

2012/2/2

スタ丼。  

今日のお昼ゴハンに、スタミナ丼という名のジャンクフードを食べた。
どんなに疲れてても、毎日必ず味噌汁を作るおいらだが、
たまにこんな店でハメを外し、自分のジャンキーぶりを確認したりする。

そもそも、前から思ってるのだが、、スタミナって何だろう?
栄養素の名前でも無いし、「勢い」みたいなもんか??
そして、こーゆー店に入ると決まって、血気盛んな学生が「特盛り」を注文する。
おいらよりも痩せているのに、、特盛り。

写真は「ミニ」ですが、(これでミニ!)こーゆー「スタミナ」をうたってる店は、
ミニでも、たいがいはこの量。 おいらはコレで充分というか、お腹いっぱい。

学生が、口に運んでから飲み込むまでの噛む回数を見ていたおいら。。

1.2.3.4.5!

ご、5回かよっ!?

しかもミニのおいらよりも、早く食って店を出て行きやがる。
ヤツらは全然噛んでない!

苦学生のヤツらにとって(苦学生かどうかはおいらのサジ加減だが)スタミナ丼は飲み物だった。

クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ