2007/1/24

JR九州783系電車  小鉄

クリックすると元のサイズで表示します

JR九州の交流特急用電車「ハウステンボス」です
783系電車は「ハイパーサルーン」の愛称で呼ばれています
軽量ステンレス車体で、大きな窓とドアが車両の中央にあり車両の客室が左右に分かれているのが特徴です
先頭車は客室からの展望を良くするために運転台を客室より低い位置にしています

新型電車が次々に登場したJR九州世代の一番最最初の新造電車で、脚光を浴びる期間がとっても短かった、ちょっと可哀想な電車です

Hakata / Oct. 2006
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ