2008/11/2

PENTAX SFX  カメラ小僧

クリックすると元のサイズで表示します

僕が自分で一眼レフを買ったのは会社に入ってからです

それまでは、父親のカメラを借りたり、コンパクトカメラで撮っていたりしていましたが、やっぱり自分の一眼レフが欲しくなり、PENTAXの「SFX」と言うカメラを買いました
蒲田のカメラ屋さんで、ダブルスームのキットを買いました
このカメラと一緒に、毎年、鈴鹿にF1を見に行ったものです

改めて見ると妙に巨大で、ワインダーの音がびっくりする程大きいカメラですが、発売当時は今の一眼レフに通じる世界初の機構が搭載された先進のカメラでした
今では当たり前のカメラの頭にあるポップアップ式の内蔵フラッシュ、これは、このカメラが世界初で搭載した機能です
つまり、このカメラが世界初のストロボ内蔵AF一眼レフカメラです
しかもこのカメラはホットシューがオフセットして付いているので、内蔵と外付けの2つのフラッシュを光量比発光する事ができました

グリップ部は電池とフラッシュ用のコンデンサーの為、当時としては妙に巨大です
上部に付いている液晶画面は、ユーザーに見やすい様に手前側に傾斜して付いています
これは、良い工夫だと思います 
フォーカススクリーンやデーダバック(裏蓋)が交換式なのも、気が効いていたと思います

もう、全く使う事は無くなってしまいましたが、時々防湿庫から出して空打ちして「バシャギューン」って言う巨大なシャッター音を楽しんでいます(笑)

Yokohama / Nov. 2008
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ