2009/7/18

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート  旅行記

今回の沖縄旅行は「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」を利用しました

クリックすると元のサイズで表示します

昔からあるANA系のホテルですが、今年の4月にインターコンチネンタルブランドとして、リニューアルオープンしました
ロケーションは、万座毛の対岸の岬にあり、入江の奥にホテルのビーチがあります
岬に建っているので、全室、オーシャンビューです

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの入江は西を向いているので、晴れれば毎日綺麗な夕陽を見る事ができます

クリックすると元のサイズで表示します

家主の部屋は万座毛側では無かったですが、それでも部屋からの景色はこんな感じで良い感じです
前に有るのは、ホテルのチャペルです

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの構造は、9階建て吹き抜けです
覗き込むとちょっと恐いです

クリックすると元のサイズで表示します

1階がオープンテラスでその上が全部吹き抜けなので、部屋の外は空調は無いですが、それはそれでリゾートっぽくて良いです
開放感があって、気持ちが良いです

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は白とコーラルが基調のデザインです

クリックすると元のサイズで表示します

白が基本なので清潔っぽくて良い感じ

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターホールの壁面は、青いガラスタイルが綺麗です

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターの照明も琉球ガラスの様な球体の照明です

今回は3泊しましたが、なかなか快適なステイでした

ホテルとビーチが歩いて10分ぐらいの距離なのでそれが不便か心配しましたが、シャトルカーが頻繁に出ていますし、お願いすればいつでも送り迎えをしてくれるので、全然不便ではなかったでした
更に、潮が干ている時は海岸沿いにビーチまで歩けるので、それも楽しくて良かったです

さて、沖縄にはもう一つ「オキナワ マリオット リゾート & スパ」が外資系高級ホテルとしてありますが、家主の印象としては、マリオットの方が全般的にサービスの質がワンランク上だと思いました
マリオットでは、ホテル到着時にベルボーイが我々の名前を即座に認識しラウンジに案内をしてくれましたし、「もてなし」とか「心地よさ」と言う観点ではかなり差が有る様に思いました

「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」では、到着なのに荷物は言わないと下ろしてくれなかったですし、ラウンジでチェックインができるのに暫くロビーで放ったらかされました
ホテルは、到着時の印象はホテル全体の印象を決めてしまうので、とっても重要だと思います

「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」はそう言う比較では、まだ「全日空ホテル」的だと感じました
今後のさらなるサービスの質の向上に期待したいです

Okinawa / Jul. 2009
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ