2009/9/24

lesson 4 伊東クルーズ 復路  航海日誌

クリックすると元のサイズで表示します

伊東からの帰りは、ほぼ一日中良い風が吹いていて、殆ど帆走で帰って来れました
艇速も全行程で約6.5ノット程出ていて、快適なクルージングでした
視界も良く、初島を越えた辺りでもう三浦の先が見えていたので、航海も楽でしたし、GPSの航跡でもわかる様に殆ど直線で帰って来れました

クリックすると元のサイズで表示します

朝は5時過ぎに起きて、日の出を見に防波堤の先っぽまで行きました
残念ながら、水平線近くに雲があり、日の出の瞬間は見る事ができませんでしたが、一応朝日を見る事はできました

クリックすると元のサイズで表示します

船でゆっくり朝ご飯を食べて、艤装を整えて9時に出港

クリックすると元のサイズで表示します

マリーナの防波堤を出たところで即メインンセールアップ
続いて、ジブを展開
快調な滑り出しです
その後、初島の沖で風が急に落ちて、一旦、機帆走に

クリックすると元のサイズで表示します

小一時間機帆走した後、初島をクリアーした辺りでまた良い風が吹いてきたので機関停止、スピンアップ
アビームで風を受け、艇速も上がり快調に航海

クリックすると元のサイズで表示します

アビームなら、セール面積が大きい分、スビンの方が艇速が上がります
アビームのスピンは、セール面積とスピンシートがスタンにリードされる分、ジブに比べて風の流れが良くなり艇速も上がります

クリックすると元のサイズで表示します

お昼を過ぎたあたりから、風が少し前に回ってきたので、ジブセット、スピンダウン
低速は相変わらず快調に6ノットオーバー

明らかに、往路の機帆走より早いです!
やっぱりヨットはこうでなくっちゃ
途中、ちょっと波が高い所が有りましたが、概ね海面は穏やかで、ぐんぐん船は進みました

クリックすると元のサイズで表示します

お天気も良く、快調なセーリング
3時前には油壺沖、秀根付近に到着
ここで、ジブ、メインともダウン、機走に転換

クリックすると元のサイズで表示します

秀根と定置網の気を付けながら、諸磯湾進入
「ただいま〜っ!!」って感じです

クリックすると元のサイズで表示します

3時過ぎに京急マリーナに到着、上架

まずは、レストランで遅めのお昼ご飯を食べて、その後、デッキ/ハルを丁寧に洗艇
荷物を整理して、軽く掃除もして、セールカバー/デッキカバーをかけて、6時にマリーナを後にしました
だいぶ日も短くなってきて、6時近くなるともう外は暗いです

と言う訳で、「lesson 4 伊東クルーズ」も、無事終了しました

やってみてわかったのですが、帆走練習とクルージングはかなり趣が違います
練習は所謂練習で、風に合わせて船を走らせ、タックやジャイブ、セールのトリムの練習をします
一方クルージングは、目的地に合わせてセールを調整して船を走らせ、風が弱ければ機帆走で目的地を目指します

今回は、行きは生憎殆ど風が無く、ほぼ全行程機帆走でしたが、帰りは幸い良い風が吹いていて、快適なセーリングができました
もし、帰りも機帆走だけだったら、「クルージングはもう良いや....」って思ったかも知れません(笑)
5時間近く続けて帆走する機会もそうは無いと思うので、良い風さえ吹けばクルージングもなかなか楽しかったです

あと、同じ京急マリーナの船が伊東に来ていて、帰りは彼らに少し遅れて伊東を出ましたが、京急マリーナ帰港は「la vie de mer」の方が50分程早かったです
これはちょっと嬉しい!!
ヨットマンは、結構この辺の「どっちが速い?」を気にします(笑)

修行もだいぶこなしてきて、次は「lesson 5 大島クルーズ」です

Aburasubo / Sep. 2009
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ