2009/12/28

イタリアの鉄道  小鉄

出張でイタリアに行った時の、ミラノ-トリノ間を鉄道で移動した時のお話です
旧イタリア国鉄「トレニタリア」で行きました
イタリアは、鉄道が「トレニタリア」、飛行機が「アリタリア」ですね

クリックすると元のサイズで表示します

ミラノ中央駅です
行き止まり型の駅で、とっても立派です
日本には、こう言う駅は無いですよね

クリックすると元のサイズで表示します

行きは、この電車でトリノまで行きました
新しい綺麗で快適な2階建ての電車です
途中は、田んぼの中を150km/hで走って行きます
この辺は水田の多い地帯です
トリノまでは1時間ちょっとでした

クリックすると元のサイズで表示します

横にいるのはユーロスターシティー、E414電気機関車
こんなスマートな車体ですが、電気機関車です
この機関車はイタリアの新幹線、ETR500のお下がりで、イタリア国内を、200km/hで巡航します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはトリノ駅
やはり終点型の駅です
こちらも立派な駅でした

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、電気機関車の牽く客車の列車で帰って来ました
機関車はイタリア国鉄のE633電気機関車
推進運転に対応した機関車で、貨物や山岳運転に対応した高ギア比の電気機関車です
最高速は130km/h

日本の電気機関車は必ず?客車の先頭に連結され客車や貨車を牽引して運転をしますが、アメリカやヨーロッパの電気機関車は終点でいちいち機関車を入れ替えず、牽引したり推進したりして運転するものが多いです
機関車の付いてない方の先頭にも、運転台が付いています

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、これは行きの電車車内の表示板
上から、4号車、時速150キロ、室内24℃、外気25℃、トイレ使用中...
最後は、「遅れ」だそうです!
N/Dは「遅れ無し」
まるで、普通は少しぐらい遅れる...って言う感じです(笑)
さすが、イタリア!!

Milano / May 2008
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ