2013/3/14

PENTAX SPFの分解と整備 その1  カメラ小僧

クリックすると元のサイズで表示します

楽しく分解してきたSPF1号も無事に組み上がり、これで練習は終了
いよいよ、本格的にSPFの分解と整備を開始したいと思います

分解整備の様子は、今後、逐次ブログにアップしていきます
タイトルも統一して書いていこうと思いますので、左のサイドメニューの検索で「このブログを検索」にチェックを入れて「SPFの分解と整備」で検索してもらえると、過去記事を含めて検索できると思います
分解に興味がある方が後から読まれて、分かり易い様に書きたいと思っています

このての記事に良くある話ですが...
この記事は、皆さまに分解をお奨めしているものではありません
カメラは精密機器で、誰でも簡単に分解できるものではありません
また、分解に関してはあくまでも自己責任でお願いします
記事は、分解/組み立てを保証するものではありません
さらに、カメラの中古業界では、素人によって分解されたカメラは「ジャンク」と言う扱いになる様です

とは言うものの、壊れているカメラが整備されまた写真が撮れる様になる事は、とても楽しい事です
そう言う楽しみを味わいたい方は、是非、ご参考下さい
できるだけわかり易く書いていこうと思っています

+++++ +++++ +++++ +++++ +++++

今回、分解と整備に挑戦するのは、SPF3号
ざっと見た感じの様子は....

  ファインダー内ゴミ多い
  セルフタイマースタートスイッチ固着
  絞りレバー固くて動かない
  フィルム室レールさび
  スローシャッター時々ミラー落ちない

外観は意外に綺麗ですし、スローガバナーも快調、メーターも動いています

一番深刻なのは、絞りレバーでしょうかねぇ?
どこまで直るかわかりませんが、コツコツと分解して行きます

Yokohama / Mar. 2013
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ