2013/3/16

PENTAX SPFの分解と整備 その2  カメラ小僧

【注意】
この記事は、皆さまに分解をお奨めしているものではありません。また、カメラは精密機器で、誰でも簡単に分解できるものではありません。分解に関してはあくまでも自己責任でお願いします。記事は、分解/組み立てを保証するものではありませんし、カメラの中古業界では素人によって分解されたカメラは機器のコンディションに関わらず「ジャンク」と言う扱いになる様です。

順次、分解整備の状況をブログにアップしていきます。左のサイドメニューの検索で「このブログを検索」にチェックを入れて「SPFの分解と整備」で検索してもらえると、過去記事を含めて検索できると思います。

---- ---- ---- ---- ---- ---- ----

■■■■■ フィルム巻き上げレバーの取り外し ■■■■■

では、軍艦の取り外しの為に、まず、フィルム巻き上げレバーの取り外しをします

クリックすると元のサイズで表示します

外した部品は、作業箇所ごとにパーツボックスに順番に入れておくと良いと思います

クリックすると元のサイズで表示します

また、作業は大きめのバットの上でやるのが良いと思います
ネジとかが落下しても無くなる心配がありません

クリックすると元のサイズで表示します

まず、フィルムカウンターのカバーを外します

クリックすると元のサイズで表示します

この部品は横から3カ所芋ネジで止まっています

【注意】芋ネジはとっても小さいので、外しきってしまうと後から付けるのにとっても苦労しますから、1.5回転ぐらい回して緩めておくだけにするのが良いです
それで十分カバーは外れます

クリックすると元のサイズで表示します

次にフィルムカウンターの文字盤を外します

【注意】このネジは逆ネジです
外すには、時計回りでネジを回します
僕は壊した事はありませんが、無理に逆に回すと、簡単にネジが折れてしまう様です

クリックすると元のサイズで表示します

ネジが外れれば、文字盤はそのまま外れます

クリックすると元のサイズで表示します

次にフィルムカウンターの部品を外します

【注意】このネジも逆ネジです
時計回りで外れます

クリックすると元のサイズで表示します

このネジは、使っていくとどんどん締まるので、外すのに固い時があります
僕は、ドライバーを削って、専用の工具を作りました

クリックすると元のサイズで表示します

フィルムカウンターの部品はネジが外れれば、外れます

クリックすると元のサイズで表示します

巻き上げレバーは、巻き上げ軸に板バネで固定されています
板バネは、レバーにネジ止めしてあって、板バネが回転して外れない様になっています

その、ネジ3本を外して、板バネと120°回転させて、板バネを外します

クリックすると元のサイズで表示します

板バネが外れれば、巻き上げレバーも外れます

クリックすると元のサイズで表示します

レバーに下には、スムーサーが入っているので、それも外します

クリックすると元のサイズで表示します

これで、フィルム巻き上げレバーの取り外し完了です

クリックすると元のサイズで表示します

これが、フィルム巻き上げレバー部の部品たちです
右から上にあった順です

Yokohama / Mar. 2013
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ