2013/3/17

PENTAX SPFの分解と整備 その4  カメラ小僧

【注意】
この記事は、皆さまに分解をお奨めしているものではありません。また、カメラは精密機器で、誰でも簡単に分解できるものではありません。分解に関してはあくまでも自己責任でお願いします。記事は、分解/組み立てを保証するものではありませんし、カメラの中古業界では素人によって分解されたカメラは機器のコンディションに関わらず「ジャンク」と言う扱いになる様です。

順次、分解整備の状況をブログにアップしていきます。左のサイドメニューの検索で「このブログを検索」にチェックを入れて「SPFの分解と整備」で検索してもらえると、過去記事を含めて検索できると思います。

---- ---- ---- ---- ---- ---- ----

■■■■■ 巻き戻しクランクの取り外し ■■■■■

クリックすると元のサイズで表示します

軍幹部の最後の部品は、巻き戻しクランク周辺の部品です
まず、クランクを外します

裏蓋を開けて、フィルムの軸にドライバーなどを差し込み回らない様にして、てっぺんのクランクの部品を外します
固い場合もあるので、クランクをたたんで、丸い部品を回した方がいいです

クリックすると元のサイズで表示します

次にフィルムの種別を表示する部品を外します
これは、これもカニ目の部品で締め付けてあるので、カニ目を使って外します

クリックすると元のサイズで表示します

このカメラの場合は、とても固く締まっていたので、自作の工具で外しました
100均で買ってきたラジオペンチの先を細く削って、カニ目回しを作りました
力がを入れて回す必要があるときは、便利です

クリックすると元のサイズで表示します

カニ目のナットが外れると部品はごっそり取れます

クリックすると元のサイズで表示します

【注意】ここにとっても小さなベアリングのボールが入っています
これは、フィルム枚数の表示を、カチットカチッと止める為のクリックを出しているボールです

3号は大丈夫でしたが、1号を分解したときは、軍艦からポロッと外れました
なくすといけないので、取れそうな場合は外して、ちゃんと確保しておきましょう

ちなみに、転がって落ちちゃったら一生探せない様な、とても小さな球です

クリックすると元のサイズで表示します

これが巻き戻しクランク回りの部品
右から上にあった順番です

これで軍艦上部の部品は全て取り外し完了、この状態で軍艦を外す事ができます。

Yokohama / Mar. 2013
2

2013/3/17

PENTAX SPFの分解と整備 その3  カメラ小僧

【注意】
この記事は、皆さまに分解をお奨めしているものではありません。また、カメラは精密機器で、誰でも簡単に分解できるものではありません。分解に関してはあくまでも自己責任でお願いします。記事は、分解/組み立てを保証するものではありませんし、カメラの中古業界では素人によって分解されたカメラは機器のコンディションに関わらず「ジャンク」と言う扱いになる様です。

順次、分解整備の状況をブログにアップしていきます。左のサイドメニューの検索で「このブログを検索」にチェックを入れて「SPFの分解と整備」で検索してもらえると、過去記事を含めて検索できると思います。

---- ---- ---- ---- ---- ---- ----

■■■■■ シャッタースピードダイヤルの取り外し ■■■■■

フィルム巻き上げレバーが外れたら次は、シャッタースピードダイヤルを取り外します

クリックすると元のサイズで表示します

中央のネジをカニ目で外します
カニ目は寸法のあったものを使って、しっかり挿して回します
カニ目自体を回すと安定しないので、上からしっかりカニ目を挿して、カメラを回すと作業し易いです

【注意】カニ目を回している途中にカニ目が抜けると、ネジの頭に傷がついてしまってみっともなくなってしまいます
気を付けて下さい

クリックすると元のサイズで表示します

ネジが外れると、一気に全部外す事ができます

クリックすると元のサイズで表示します

シャッタースピードダイヤルの部品
右から上にあった順番です
バネは太い方が下です

ここは、分解するのはとっても簡単ですが、組み上げるのは少しコツがいります
組み上げる時にまた説明します

Yokohama / Mar. 2013
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ