2013/3/18

PENTAX SPFの分解と整備 その5  カメラ小僧

【注意】
この記事は、皆さまに分解をお奨めしているものではありません。また、カメラは精密機器で、誰でも簡単に分解できるものではありません。分解に関してはあくまでも自己責任でお願いします。記事は、分解/組み立てを保証するものではありませんし、カメラの中古業界では素人によって分解されたカメラは機器のコンディションに関わらず「ジャンク」と言う扱いになる様です。

順次、分解整備の状況をブログにアップしていきます。左のサイドメニューの検索で「このブログを検索」にチェックを入れて「SPFの分解と整備」で検索してもらえると、過去記事を含めて検索できると思います。

---- ---- ---- ---- ---- ---- ----

■■■■■ 軍艦部の取り外し ■■■■■

クリックすると元のサイズで表示します

軍艦の上の部品を全部外したら、いよいよ軍艦の取り外しです
軍艦は3本のネジで止まっています

ベジ頭をなめない様に、ドライバーはネジのサイズにあったものを必ず使いましょう

クリックすると元のサイズで表示します

ネジは、3本で3種類
裏蓋を手前において、右から 太くて短い 細くて短い、細くて長い、です

クリックすると元のサイズで表示します

ネジが取れたら、軍艦を両手で持って、上にそっと持ち上げます
これで、軍艦が外れます

クリックすると元のサイズで表示します

フィルム枚数表示板のクリック用のベアリングは、外れてなくさない様に気を付けて下さい

【追記】
【注意】
軍艦を外すと、小さな部品がぽろっと落ちる事があります

クリックすると元のサイズで表示します

シャッターボタンの裏から付いている部品で、ボタンの裏から穴に刺さっているだけの部品です

クリックすると元のサイズで表示します

こんな部品、小さな釘の様な部品です
この部品がシャッタボタンの中で動き、レリーズの時とかにシャッターを切ります

クリックすると元のサイズで表示します

こんな風に刺さっています
3台分解して2台はこの部品の存在に気が付きませんでしたが、1台は軍艦を外した瞬間にぽろっと落ちてきました

クリックすると元のサイズで表示します

この部品が無いと、シャッターおしてもすかすかのカメラになってしまいます
なくさない様に確保して、組み上げる時には忘れずに取付けましょう

Yokohama / Mar. 2013
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ