2010/11/18

あずざ  小鉄

中央線の特急、「スーパーあずさ」と「あずさ」です

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはE351系、「スーパーあずさ」
日本の鉄道高速化は、新幹線に代表される専用軌道を用いた高速電車を走らせる方法と、山岳地帯のカーブの多い路線を振り子列車によって高速化させる方法と主に二つあると言われています
日本とかイタリヤは、国土に山岳地帯が多いので、振り子電車の技術も発達していると言われています

このE351系は、コンピュータによって車体を傾ける制御付き振り子電車です
電車は振り子の性能をいかす為に、低重心で設計されていますし、車体の形状もトンネルなので振り子ができる様に、上の方が絞ってある形になっています
また、パンタグラフは車体についているのではなく、台車からリンクで付いていて、振り子動作時に架線とパンタグラフの位置関係が良好に保てる様になっています

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、E257系、「あずさ」
こちらは振り子電車ではありません

Tokyo / Oct. 2007
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ