2012/12/30

九州鉄道記念館  旅行記

クリックすると元のサイズで表示します

10月11日

門司では、「九州鉄道記念館」にも行きました
鉄道の博物館で、規模は大きく無いですが、展示がしっかりしていて、整備も行き届いていて、展示車両がとっても綺麗なのが印象的でした

クリックすると元のサイズで表示します

場所は門司港駅のすぐそば
九州鉄道時代を再現した門司駅駅標と旧0哩標

クリックすると元のサイズで表示します

9600形蒸気機関車
日本で初めての本格的な国産貨物用テンダー式蒸気機関車です

クリックすると元のサイズで表示します

C59形蒸気機関車
幹線旅客列車用テンダー式蒸気機関車です

ちょっとピカピカすぎるって話もありますが....

クリックすると元のサイズで表示します

キハ07形気動車
内部も綺麗に保存されています

クリックすると元のサイズで表示します

485系交流直流両用特急形電車
こだま号から引き継がれたボンネット形特急電車です

クリックすると元のサイズで表示します

581系交直両用特急形電車
動力分散方式(電車方式)の寝台列車です
月光形と呼ばれていました

新大阪-博多間を寝台特急として走り始め、新幹線をイメージして塗装も当時のと特急の色ではなく新幹線ぽい塗装がされました

クリックすると元のサイズで表示します

明治時代に使われていた客車も復元されて展示されています

クリックすると元のサイズで表示します

貴婦人のプレート、痺れるねぇ....

クリックすると元のサイズで表示します

もう無くなってしまった、ブルートレインのヘッドマーク達
是非、復活して欲しいものです

クリックすると元のサイズで表示します

運転手ミレーターは、一回100円
凄〜く難しかったです

Moji / Oct. 2012
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ