2006/5/19

時速431km/h  小鉄

上海磁浮列車の運転席には、小さな窓が2つあります
前が、お情け程度に見える小さな窓です



運転席と言っても、ハンドルやレバーのたぐいは一切無く、コンソールにコンピューター画面があるだけです
運転していると言うよりは、モニターを監視しているって感じです
因に、運転手?は女性です



最高時速は、431km/hでした
およそ3分間加速して最高速に達し、1分間程最高速で巡航した後、また3分間かけて減速します
300km/hを超えたあたりからは、本当に異次元の速さです
新幹線も山陽新幹線で280km/h出すあたりはかなりの速さを感じますが、それとは比べ物にならない速さです



意外に振動も騒音も大きく、絶対的な速さが違うんで単純に新幹線と比べても何ですが、700系新幹線の方が振動も騒音も遥かに小さいです
でも、アトラクションとしては、とっても楽しめます

Shanghai / May 2006
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ