2008/8/13

飯田での2日目 公演  公演報告

りんご庁舎でマリオネットだけの20分公演。
いいだでの公演はいつになく緊張するものです。
子どもも準備を手伝ってくれるのですが、いつもはうるさい息子がおとなしい。裏を見てみると爆睡する息子。緊張という文字はないのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
去年いっしょに公演をした『グリンピース』さんが来て下さりまして、最前列にお子さんが座ってくださったので「去年と同じだよ」と言ったら「いいの」とうれしいお言葉。りんご庁舎は涼しいのと、時間調整でよってくださる方々で結構な人数が。
「カルシウムダンス」で、ブラックライトをつけたら音楽がぷっつん。照明の片方もいっしょに使ったドラムが耐え切れなくなってしまったようで・・・。
(ためしにつけたときは大丈夫だったんですけど)
なんとも間がぬけた公演になってしまったのですが、皆さん最後まで見てくださいました。
アンケートではいろいろなご意見をいただきましてありがとうございました。今後の参考にしたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/8/13

飯田での2日目 @  近況報告

夜中について眠いはずなのに、全員がいつもより早起き。びっきさんから預かっていた荷物を渡し、受付をしに飯田文化会館に。
今年の劇人バッチの水引は『金魚』でした。
開店が10時なのに、開店前に『おいなんよサロン』に寄り、飯田初の桃を食べ、お茶を頂き、「飯田に来た」と実感。
P.ことり座さんの仕込みを覗き見して、今年初の観劇『井村淳と仲間たち』を観るために飯田市公民館に移動。
「もうあなたたちは後ろだね」と子どもに話たのですが、観客の多くが、私もKOUさんも若い方に入るぐらいの井村先生曰く「高学年」の方々でした。
子どもとの絶妙な掛け合いに、変わらぬ人形の動き。まだまだお若い井村先生でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ここ数年のひそかな目標に「炭焼き小屋でカレーを食べる」ことだったのですが、息子も五年生となり成長したのと『ステーキ』で釣りまして、今年は無事食べることができました。KOUさんと娘は毎年いっていたのですが、何年か前に来たきりの息子のことも覚えていてくれて、「大きくなったなぁ」と喜んでくれました。
0

2008/8/13

飯田での1日目  近況報告

今年も飯田の暑い夏の日々を報告いたします。
いいだ人形劇フェスタは、30回という節目で国際人形劇フェスティバルでもあったので、8月2日から8月10日までという長い期間の開催。
前半の2日(土)のアメリカ『ヒューバーマリオネッツ』さんが観たかったのですが、二週続けで行くことはかなわず、後半の週末に参加してきました。
今年は去年の失敗を元に、最近できた一番近くのインターから「全部高速で」という計画。
しかし、そこはきゃべつ村です。そのインターの場所は「国道を走ってれば看板がでてるから」という知人の情報のみ。その道が混んでいて高速に乗るまでが一時間かかり、「入り口が近くなってもたいした違いがない」状態でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ