2009/12/18

伊勢山保育園公演  公演報告

伊勢山保育園での公演は、新型インフルエンザの影響もあり、年齢ごとになんと5回連続公演。
写真は0〜1歳児の公演の時の椅子。(ちっちゃ〜い)

プログラムはみんな同じ
 1.キウイーくんのごあいさつ
 2.缶太の曲芸
 3.ハンプティダンプティ
約、10分間の芝居を5回。
驚いたのはその反応の違い。

1組目は、ほとんど反応はわからず。
(でもしっかり見てくれていました)
2〜3歳になると
「あ、トリさんだ』などと「見たもの」を口に出します。
3〜4歳
 棒の上を渡る缶太に「がんばれ〜」と声をかけ
4歳から上になると、ちょっと生意気な口を聞いたり
また周りの仲間への気遣いやルールといったものを
ちゃんと守れるようになります。

同じ出し物を、年齢を段階的に分けたので
人間てこういうふうに、成長していくんだ。という非常に勉強になる体験でした。
ほんと、児童福祉をめざす人なんか、裏で子どもの反応の違いを見るといいかも。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ