2016/12/11

庄和図書館・武里図書館公演  公演報告

昨年にも呼んでいただいた
 
春日部市の庄和図書館・武里図書館のダブル公演

朝 7:00に佐野を出発しました。

場所の方は問題ないのですが、今回はKOUとやすの二人。

クリックすると元のサイズで表示します

搬入と組み立ての時間が気がかりでしたが

これもまた それぞれの図書館のスタッフの皆さんが手際よく運び込んでいただき

今回はゆっくりお弁当をいただく時間もありました。美味しかったなあ。

武里図書館では 庄和図書館に比べ最前列に年齢の高い子が多何人かいたりして 

かなり賑やかな公演となりました。

クリックすると元のサイズで表示します


舞台裏では

「ふふふ はしゃいでるな 今に見てろ カルシウムではギャーギャー言わせてやる」

と 不敵な笑みを浮かべるヤスさんがいました。

クリックすると元のサイズで表示します



この前 新しく作り直した「待ち合わせ」を上演しました

中盤に「ちぼやん」という名前のついた白い犬が出てきておしっこをします

「大人のため」にと銘打ち

「サイレントのフランス映画」がモチーフの この作品の中で、

唯一子供を意識したシーンです

それにしても、どうして子供 (特に男の子)は おしっこが好きなんだろう

今日も 自分たちの靴にかかったと大はしゃぎでした

あ そうそう

あれ 本当のおしっこじゃないからね公民館の水道から入れた水だからね
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ