2005/10/24

生牡蛎  楽食絵日記

二階堂のLA PORTAまで
マウンテンバイクで楽食にやってきました。
ランチセットの選べる前菜の中に「宮城産生牡蠣2個」というメニューがありまして
単品メニューの「生牡蠣1個」を追加注文すると
3人とも1個ずつ食べられるという平和的な計算。
オリーブオイルたっぷりの生牡蠣でした。
メインは魚の香草グリル焼き・・・
クリックすると元のサイズで表示します
完成画はかまくら楽食日記でご覧下さい
0

2005/10/22

ブリカマ  楽食絵日記

土曜日の夜鎌倉市民体育館LAGOONの練習に行き
3時間バドミントンで汗を流した
もう腹が減ってたまらない
ブリカマ定食が食べたくなって「山びこ」へ
バドミントンのあとはビールがうまい
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/20

かき  つぶやき

昼食は周ちゃんと辰巳に行きました
牡蛎の天ぷらを囓ると香りとともにジューシーなお汁がうまかった。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/12

BunBun  楽食絵日記

BunBunでランチしました。
来月の絵のある手紙とスケッチ教室は
BunBunでティータイムスケッチになります。
マスターと話しながら
チャイとキャラウェイシードのケーキを
短冊状の細長い水彩用紙にスケッチ
クリックすると元のサイズで表示します
この絵を見たら「楽画館」トップページの
レイアウトがひらめきました。

いろいろコンテンツのアイデアはあるのだけれども
とりあえず表紙を買えて気分転換
0

2005/10/10

市民運動会(御成小地区)  つぶやき

9月9日は市民運動会が御成小学校校庭であり・・・
いや開会式途中で雨が強くなり
御成小学校体育館に変更になったのだった。
体育館の中で運動会ができるのか?と心配したが
徒競走やトラックリレーではなく
足を縛って両足跳びで10mくらいの競争や
ボールを使ってのボール運びやゲームと
体育館でも充分に楽しめた

ゴール係をしたが
短い距離を走るので差が付かずに
着順判定はかなり微妙になる。
入賞賞品も商店街の提供かと思われる、お菓子やジャガイモなどだったので
まあ誤審があっても笑えるレベルである

毎年鎌倉は全市の各地域で市民運動会が行われている
運営はスポーツ振興会を中心に少年スポーツ団体など
参加は町内会や小中学生親子など
1年に1度ではあるが地域の人々の親睦になって
ご町内コミュニティ作りに地道に役立っている

お昼は大町の参加者全員に大町のパン屋さん日進堂の菓子パンが配られた
役員をしている妻が余ったパンをもらってきたのでスケッチ
とても懐かしい味がした
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/8

UFO  つぶやき

鎌倉第2小学校で
わくわく倶楽部「科楽理おもちゃ作り」の講師をしてきた。
土曜日ではあるが学校へ行こう週間で
一般公開日になっていた
今日は円盤を飛ばすおもちゃ「UFOとランチャー」
飛ばすおもちゃ応用編ということで
子どもたちはアイデアを凝らしたUFOを作り
教室や廊下にいろいろなカタチと色の円盤が乱舞した
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/8

自治基本条例と市民自治  つぶやき

市民自治を考える市民フォーラムがあり
自治基本条例と市民自治の勉強をした。
お招きした先生方は
中川幾郎(帝塚山大学大学院法政策研究科)
太田善夫(大和市自治基本条例を作る会会長)
二見博幸(平塚市企画部まちづくり制作室室長)
のお三方
中川先生の基調講演は大阪弁で時にはユーモアを交え、鎌倉を好意的に叱咤激励する口調はとても響いた。大和市と平塚市の事例報告は実体験から来る説得力のある内容であった。そしてお三方とも熱意を持って行動していると感じられた。

自治基本条例は市長が替わっても時代が変わっても普遍的な町の運営理念ということで、その町に住む市民が読んで共有するものであり、やはり鎌倉にも欲しいと思う。
自治基本条例は血の通うコミュニティがあってこそ、その力を発揮することはまちがいない。鎌倉にこのコミュニティがあるだろうか?築けるだろうか?・・・自治基本条例を作るのは2,3年あればよいだろうが、血の通うコミュニティー作りはそうカンタンではないだろう。

懇親会にも参加したが中川先生はほんまオモロイ人で元気な人やった。
0

2005/10/7

茂木健一郎賞  つぶやき

脳科学者
茂木健一郎の
小林秀雄賞贈呈式と祝賀パーティーに
友人として招待していただいた。

実感として
この賞がどんなにスゴイ賞なのかは
僕には分からない
だからこころから涙ぐんで
「立派な賞を取ったねおめでとう!本当に良かった!」
とは握手した時に言えなかった。
ただ
彼が偉大な先人として名をあげるひとり
小林秀雄の名を冠した賞なので
それなりにうれしいだろうと予想できる
おめでとう

尊敬はしても「小林秀雄を越えらない」と
健一郎が思っているとは僕には思えない
それどころか
いつか「茂木健一郎賞」をつくりたいと
考えているに違いない

授賞式に僕を招待したのは
祝ってくれと言っているのではなく
営業しろということだろう
この日に限ったことではないが
本当に感謝のかぎりである
クリックすると元のサイズで表示します

家族の方も来ていらっしゃったので
パーティでは10数年ぶりでご両親にもお会いした
「中学の時にあんた達は二人で大島に行って
予定よりも一日延ばして大島に泊まって帰ってきた」
と笑い話のように思い出話をされた
僕には一日延ばして宿泊した記憶は全くなかったので、
自分の子どもがした、しょうもないいたずらのように
苦笑しながら謝るしかなかった

受賞スピーチで
「死んだ人」と「過去の自分」は同じところにいる・・・
と話があった

今は無き中学生の茂木少年と井上少年は、
今でも伊豆大島を自転車で一周している
0

2005/10/7

楽食日記ちぃのコメント  楽食絵日記

■年月日
2005.9.29(木曜日)
■天気
はれ
■お店の名前
和さび
■料理
おまかせ握り寿司
■コメント
寿司スケッチは楽しいのである。噂の「和さび」御主人の技に出会えるとあってわくわくしてカウンターに着いた。琴柱の箸置きに竹の箸、箸袋には「○さび」と手描きしてあった。ビール(小瓶)、大きめのさらに醤油、そしてガリ。にぎりは一貫ずつでてくるので描いたら食べるの繰り返しで、あとは成りゆきで順番に描いていった。おまかせは、次の注文を考える必要もないからカンタンである。スケッチでは右上から順番に・・・いさき、しょっこ(汐子、ブリの幼魚)、きんめ(金目鯛)、ふっこ(福子、すずきの若魚)、クロダイ、ヒラメ(平目)、あおやぎ(青柳)、トリ貝、タイラ貝(平貝)、コハダ、アジ、車エビ、中トロ、スミイカ(コウイカ)、アナゴ(穴子)。と来て、かんぴょう、玉子でしめる。そしてあら汁。お茶を飲みながら絵に色をたしてメリハリを着ける。握りが並んだスケッチを見ると寿司クオリアがよみがえってくる・・・ヒラメと大根おろしの意外な相性、あぶったタイラ貝、ミソ付きの車エビ、海苔と塩味のスミイカ、かんぴょうの甘さ、デザートのような玉子。スケッチを見ていると幸福クオリアもよみがえってくるなあ。よし!次の企画は「ちぃさんの全国寿司楽食行脚」だ〜。北海道から九州までどこでも行きまっせ!!どこか太っ腹な編集部はないかな?・・・(一同)「あるわけないだろ〜」
0

2005/10/4

5分でわかる  つぶやき

フォーラムに参加した人だけでなく、広く鎌倉市民に、自治基本条例と市民自治のことを知ってもらう必要があるんじゃないの?僕だってわからない!「5分でわかる自治基本条例」なんてものがほしいね。といったら、制作することになりました。準備会で編集して制作して頒価200円です。A5,8ページの小冊子でQ&A形式になっています。これでやっと、僕にも基本のキがわかりました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/4

市民自治の基本となる条例  つぶやき

平成12年に地方分権一括法が施行され、自治体は地域行政を自主的・総合的に実施すると位置付けられました。自治体運営における基本的な方向性や理念となる「自治基本条例」は自治体の憲法ともいわれています。
鎌倉でもこの市民自治の基本となる条例をつくろうじゃないかと、行政と市民が活動を始めています。
鎌倉の町が気持ちの良い、鎌倉らしいまちになるならと・・・準備委員会に加わりました。
まずは勉強会となる市民フォーラムが開催されます。
本当にこの条例が役に立つのかどうか?それはこれから、時間を掛け積み上げていくことになるのでしょう。
国よりも地方自治体が強くなったらすばらしいとおもいます。国が勝手に道を造ったり、海を埋め立てたり、原子力発電所をおっ建てたりして、その地域の住民が生活の場を失うというような時代が終わらないと、この国はヤバイのではないでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ