2007/3/11

exDA#5  つぶやき

三田の建築会館ギャラリーで開催中の
東京電機大学建築学科の卒業設計展に行く
今年、ぼくがデザインしたポスターはレトロポップになった。
会場に貼るととても楽しい展覧会のようになる。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

卒業設計は
個人住宅などではなく
ビルや再開発といった大きなテーマが多い。
東京の巨大な建物や再開発を見てみると
まさにコンクリートと金の無駄遣いで、
文化も生活も壊してしまい、
お城のようにピカピカにかがやき、
清潔で、一見快適だが
まるで生活感のない空間が出来上がるばかりである。
そんなものは住人のための建築ではなく、
再開発により儲けるの人のための建築ではないだろうか?

せめて学生作品は
建築を使う人のための夢のある設計をしてもらいたいと思う
学生作品のなかでは
インターネット時代の冷たくないあたらしい図書館、
町とつながっていく学校、
地下の子どもの体験スペースなど
地域に生きる人を中心にしたテーマに共感を覚えた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ