2007/9/9

蔵部  楽食旅日記

くらぶはお蕎麦屋さんではなく、夜の和食処でありました。
かまどがあり小布施名物栗おこわやごはんを炊いて、さかななどは炭焼きにしています。
文字通り蔵を改装したお店で、造り酒屋小布施堂の築250年の酒蔵だったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

9月9日はちょうど重陽の節句にあたり
地域によっては「栗節句」とも言われていて
昔は菊を浮かべた酒「菊酒」を酌み交わし、栗飯を食し健康を祝ったそうです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ