2008/1/31

和菓子  楽食絵日記

大蔵頼朝商店街絵地図の取材で
焦雨庵へうかがう
クリックすると元のサイズで表示します

店内で季節の和菓子を毎日2種類食べることができる
鎌倉の季節とともに2週間くらいでお菓子も移っていく
だから
その年、桜の開花が早ければ桜のお菓子も早くなる。

おかみさんが、その日の分を余らないように作る
天気の悪い日は10数個しか作らないこともあるそうだ
とても愛らしいカタチで
味も名前もおかみさんの人柄が出ているようだ
店内の雰囲気のとてもよくなじんで
カウンターにちょこんと座っている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ