2008/3/26

工作教室  つぶやき


港区三田図書館「かがくあそびの会」での講師は春休みの恒例となった。
今回のおもちゃ工作は「スライダーリング」と「ダッシュレーシングカー」
ダッシュレーシングカーの基本を作ったあとで
図書館で大量にゴミに出る、レシートの直径1.5cmほどの芯
(ファックスの感熱紙の芯の短いモノと思って下さい)
を再利用してあそびを工夫する時間をとった
ダッシュレーシングカーを走らせて
ボーリングゲームのような的になれば遊べそうだ、と思っていたら
さまざまなあそびを創造している
レーシングカー本体に取り付けてデザインに凝っている子供もいる。
何本も付けてレーシングカーといよりダンプカーに近くなっているのもある
あそびを工夫している時はほんとうに楽しい。

仕事でおせわになっている
毎日新聞社の大場葉子さんはメールの本題以外も大変楽しく
工作教室の話題をやりとりしていたら
今日の日記のようになったので、引用させていただきます

*******************

きのうは春らしい陽光のなか、
井上さんの工作教室に参加した子どもたちは、
かけがえのない春休みを思い出をつくったことだろうと想像するだけで、
子どもに戻ったような気分になれます。ありがとうございます。

*******************

昨日会場早々2番のりできていた男の子(新4年生)に
終わりの時に話かけられ
「せんせい、きょうのこうさくは、いけてたよ」
との評価をいただき
うれしくおもいました。
ラジコンも作るよ、と言っていたプラモ少年も
身の回りの材料で作るおもちゃ工作はエキサイトしたのでしょう

子供33人保護者10名
港区ケーブルテレビスタッフ5名
図書館スタッフ5名と
地下ホールは熱気に包まれていたのでした・・・

ご参考までに
こちらのページで
室内、ガーデン向けあそびなどを書いています
http://www.papaathome.jp/01kids/index.html

*******************

ご返信ありがとうございました。
さっそくホームページを拝見しましたところノ
なんといっても「変な声メガホン」が傑作でした。
かわいい男の子は井上さんの息子さんかなと思いつつ、
アルミホイルがぶるぶる鳴る感じを想像してしまいました。
遊びとは、ほんとうに工夫、発想、アイデアですね。
 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ