2008/7/6

神保町はあつかった  つぶやき

三省堂書店 神保町本店にて
「トゥープゥートゥーのすむエリー星」サイン会

茂木健一郎がひとりひとり丁寧に会話して
時には激しく、時には静かに、
表紙をめくった緑色の見返しに絵を描き
サインをする。
私はとなりで巻末の緑色の見返しに
登場人物の絵を描いた
「トゥープゥートゥーのすむエリー星のイメージはジャングルの緑だ」
と装丁をされたデザイナーの坂本陽一氏が
この鮮やかな緑の見返しを選んだのだ。
その緑の紙に2人でサインをした。
はじめは緊張で見えていなかった緑色が見えた時に
スッと緊張がほぐれて読者の顔も見ることが出来るようになり
会話も握手も自然になったようだ。

終了後地下の放心亭にてビールを飲む

クリックすると元のサイズで表示します
色紙にサインをしながら熱く語る茂木健一郎

クリックすると元のサイズで表示します
会場でも活躍された編集担当大場葉子さんと酔っぱらいスケッチ

クリックすると元のサイズで表示します
並べると対照性が素晴らしいねえ。とふたりの色紙のサインを見聞する大場旦さん

クリックすると元のサイズで表示します

茂木健一郎のクオリア日記
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ