2008/12/8

銀燦堂  つぶやき

長谷寺に出現した銀に輝くお堂。
お経をおさめる経堂に現代美術家渡辺五大さんが
アルミ箔をその壁面に貼り夜間にライティングすると
銀に光り輝くというインスタンレーション作品を作り出した。
その
銀はがし作業に参加した

クリックすると元のサイズで表示します

最終日に渡辺五大さんとインスタンレーションについて話した
思えば20年前
まだインスタンレーションという言葉が日本に広まっていなかった頃
わたしは数々のインスタンレーション作品を作っていたのだ。
あの作品たちは、早すぎたのか!
五代さんと話をしているうちに
もういちど現代に蘇らせたくなった。
あの作品たちは
空間を変えると、もっと面白いものができそうだ。


お昼にはバニー弁当ロコモコ丼付きでした
長谷寺のバックヤードでスタッフと雑談しながら・・・
どんなところで食べてもスケッチしているのだ!
クリックすると元のサイズで表示します


12月7日の夜。最後の消灯目前の銀燦堂
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ