2010/4/16

産業医事件簿  つぶやき

金曜日 @東京駅
石川県金沢の木田哲二医師と吉田大樹記者と連載の打上。そして書籍化の前祝いに「酒房日本盛」で乾杯!木田先生は産業医として企業に勤める会社員の健康と安心を守り続けてきた。まさにNHKの番組「プロフェッショナル」のような仕事の流儀を自伝的小説「産業医事件簿」に書いてきた。その連載が1冊にまとまるのだ。私が描いてきた連載時の挿絵も掲載される。この本は会社人間になりがちな日本サラリーマンの必読書となるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
木田先生とツーショット。吉田記者写す。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ