2011/10/26

賞味期限切れでもおいしい  つぶやき

銀鱈京粕漬けを、珍しく説明書通りに焼いた。
粕漬けは焦げやすいので目を離さずに。
網をよく熱して、粕を洗った切り身を弱火でじっくり焦がさないように焼く。

読まなけりゃ洗わずに強火で焼いていただろうな。

だんだん冷えたきたので、からだのあったまるナベ物がおいしい。
ニンニクをたっぷり刻んでいれた。

クリックすると元のサイズで表示します

*******
「2011秋のプチ路地フェス」
11月6日(日曜日)7日(月曜日)開催
10時から17時ころまで

ちぃ作品グッズも展示販売します。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ