2012/9/13


三ツ境カルチャーセンター水彩画の今月の教室テーマは「小豆」
小豆、小豆味、小豆色から連想したモチーフを描きました。

モチーフのお茶菓子には、豊島屋の「福飯」と亀屋の「赤飯」
亀屋さんの菓子が食べられなくなったのは寂しい・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今日もお菓子教室のような絵の教室です

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手作りのあんぱん、甘納豆パンごちそうさまでした。
食べてばかりではなくちゃんと描いています。

では皆さんの作品。
どれもおいしそうに描けています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私の記憶では、子どものころ赤飯と一緒に食べたものといえば
「裂きイカの甘い佃煮」と「きんぴらごぼう」なのです。
というわけで
昨日作ったきんぴらごぼうも持ってきました。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


アンコも小豆もちょっと赤味を加えるのがポイントです。
やっぱり、小豆色はおいしいなあ。



絵日記365日【Facebookアルバム】
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ